• HOME
  • 妊娠
  • 妊娠・出産の経済学<必要になるお金>

妊娠・出産の経済学<必要になるお金>

子どもを産むに当たっては出産費用のほか、定期検診やグッズの準備費用などさまざまな場面でお金がかかります。出産1つ取ってみても、場所や日時によって金額が変わるケースもあります。ここでは、妊娠から出産までに必要な費用について見ていきます。

妊婦健康診査費

 妊娠がわかってから出産までは、平均14回ほど定期的に健診(妊婦健康診査)を受けることになります。おなかの赤ちゃんの状態を確認する大切なものです。

 妊娠は「病気」ではないため、健康保険の適用外となります。その費用は1回当たり4000~1万円で、検査が重なるとさらに高額になることも。妊娠安定期の3カ月以降であれば、それほどお金はかかりませんが、初期は高額になるのが現状です。

 また、高齢出産の場合は、出産前の新型出産前診断(NIPT)や羊水検査などで10万~20万円程度のお金がかかることもあります。

 こうした負担を減らすために、国や自治体から助成があるのですが近年では、少子化対策の1つとして内容が拡充されています。健診費のほとんどが助成金によってまかなえる市町村も少なくありません。

 助成対象は通常の妊婦健診のことが多いですが、中には自費負担となる「超音波検査」に対して助成が出ることもあります。また、年齢などの条件によっても範囲は変わりますので、住まいの自治体に確認しましょう。引っ越しや里帰り出産などで住む場所が変わるケースでも、何らかの考慮がなされます。

 お金がないことを理由に妊婦健診を受診しない若い人が増えている、とのニュースもありますが、健康な赤ちゃんを産むためにもこのような制度を活用して必ず受けるようにしてください。

かかるお金(目安)

市町村の助成金を活用すれば0~3万円

1 2 3

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。

冬城高久(ふゆき・たかひさ)

医療法人社団 冬城産婦人科医院理事長・院長

山口大学医学部卒業。慶應義塾大学産婦人科学教室入局後、慶應義塾大学病院ほか複数で勤務する。2003年に冬城産婦人科医院院長に就任、2012年から同院理事長を兼務。丁寧で的確な診療が人気で、各メディアでも活躍している。日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本女性医学会認定医、玉川産婦人医会会長、慶應義塾大学医学部客員講師。冬城産婦人科医院(http://www.fuyukilc.or.jp/)。