オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 医療
  • 「子宮がん」の正しい知識 2種類の違いを覚えよう!

「子宮がん」の正しい知識 2種類の違いを覚えよう!

子宮がんには「子宮頸がん」「子宮体がん」の2種類があります。ただし、いわゆる「子宮がん検診」では子宮頸がんしかわかりません。実はこの2つ、子宮がんと一括りにはできないほど性質も症状も異なっているのです。ここで正しい知識を身につけましょう。

子宮頸がんとは

 子宮と腟がつながる部分(子宮頚部)の上皮(表面の細胞)に発生するのが子宮頸(けい)がん。子宮がんのうち約70%が子宮頸がんです。20歳以降に増え、30~40歳でピークを迎える比較的若い年代に多いがんと言えるでしょう。

 原因となるのは「ヒトパピローマウイルス(HPV)」です。HPVは特別なウイルスではなく、性体験のある人であれば一生に一度は感染するとされる極めてありふれたウイルスです。発がん性の高い「ハイリスクHPV」に長期間持続して感染すると、がん化することがあります。

 子宮頸がんのリスクが高いとされているのは、妊娠・出産の回数が多い人や喫煙習慣のある女性。定期的な検診を心がけ、気になる症状があった際には婦人科を受診しましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8

冬城高久(ふゆき・たかひさ)

医療法人社団 冬城産婦人科医院理事長・院長

山口大学医学部卒業。慶應義塾大学産婦人科学教室入局後、慶應義塾大学病院ほか複数で勤務する。2003年に冬城産婦人科医院院長に就任、2012年から同院理事長を兼務。丁寧で的確な診療が人気で、各メディアでも活躍している。日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本女性医学会認定医、玉川産婦人医会会長、慶應義塾大学医学部客員講師。冬城産婦人科医院(http://www.fuyukilc.or.jp/)。