オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 教育
  • LINEを使った虚偽の告白「ウソ告」が大流行…専門家「本当の告白が怖くなる」と警鐘

LINEを使った虚偽の告白「ウソ告」が大流行…専門家「本当の告白が怖くなる」と警鐘

LINEで虚偽の告白をする「ウソ告」が中学生の間で流行。ゲーム感覚のつもりでも、メッセージを送った側、送られた側の双方に深刻な問題が起きる可能性があるため、専門家も注意を促します。

最悪の場合、いじめに発展しうる「ウソ告」(ツイッターより)

 恋愛感情がないにもかかわらず、LINEを使って虚偽の告白をする「ウソ告」が、中学生を中心に流行しているようです。相手をだましてバカにするゲーム感覚から急速に広まっていますが、一部では、仲間からウソ告をするように迫られて断った生徒が「仲間外れ」にされるケースも。最悪の場合、いじめに発展しうる深刻な問題もはらんだウソ告ですが、専門家の見方はどのようなものでしょうか。子育てや教育問題に詳しい作家でジャーナリストの石川結貴さんに聞きました。

電話や手紙にはない「軽さ」

Q.ウソ告についてどのようにお感じですか。

石川さん「似たようなことは以前からありました。たとえば、相手の家にいたずら電話をかけて『ウソ告』をするとか、ウソのラブレターを書いて学校の机に置き、相手の反応を見てからかうとか。ただし、電話や手紙という方法は『周囲にバレやすい』という特徴があります。家に電話をかけたら相手の親が出る可能性があるし、手紙は書く手間がかかる上、先生やほかの生徒に見つかってしまうかもしれない。だから、『これをやれば自分もヤバイ』という現実感覚や罪悪感を持ちやすかったのです。しかし、LINEはスマホで簡単にできてしまうので罪悪感を持ちにくい。むしろ、ノリに任せて『面白いからやっちゃえ』という軽い気持ちでできる。その場のことしか考えていない軽さ、現実感覚の希薄さが一番の問題だと思います」

Q.ウソ告には「仲間外れ」や「いじめ」といった問題も含まれています。

石川さん「ウソ告をされた被害者が傷つくことはもちろんですが、仲間から『ウソ告しろ、しないとハブる(仲間外れにする)」と言われて、強制的にやらされる子どももとてもつらいものがあるでしょう。強制的にやらされるだけでもつらいのに、自分の行動で誰かを傷つけてしまうことになる。しかも『強制的にやらされた』という事実が相手に伝わらなければ、自分が加害者として恨まれることになります。ウソ告をされる側も、強制的にやらされる側も傷つく。要は陰湿ないじめであり、許されるものではありません」

1 2 3

石川結貴(いしかわ・ゆうき)

作家・ジャーナリスト

家族・教育問題、児童虐待、青少年のインターネット利用などをテーマに豊富な取材実績を持つ。短編小説集「小さな花が咲いた日」は7年連続で中学・高校入試問題に採用されている。最新刊「ルポ 居所不明児童~消えた子どもたち」では、児童虐待や貧困問題を抱えたまま放置される子どもの現状を報告した。出版以外にも新聞、雑誌への寄稿、「あさイチ」「報道ステーション」など数多くのテレビ番組に出演。2013年には「第61回日本PTA全国研究大会」の講演者に選出された。2015年、全国各地方紙(時事通信社配信)で教育特集記事「子どもとスマホ」を連載。