オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

運転手が道を間違えたせいでタクシー代が高額に…取り戻せる?

タクシーの遅れで損害が発生した場合

Q.タクシーが遅れたせいで損害が出た場合は。

正木さん「たとえば、タクシーが遅れたせいで大事な仕事に間に合わず、取引がご破産になったなどの場合、タクシーの遅れで発生した損害も請求したいと思うかもしれません。しかし、遠回りしたせいで仕事に遅刻したとしても、遅れなければ取引がほぼ間違いなく成立し、利益も間違いなく出たと証明でき、さらに、運転手がそれを認識していれば請求できる可能性はありますが現実的には困難でしょう。大切な仕事がある時は余裕を持って行動すべきです」

Q.ちなみに「値引き交渉」が違法というのは本当ですか。

正木さん「タクシー料金は安く済ませたいものですが、やってしまいがちなタクシーの値引き交渉は、実は違法です。タクシー運賃は、タクシー会社が国土交通大臣の認可を受けなければなりません。認可は、適正なコストなどを査定して国が行うもので、認可以外のお金をもらうのはもちろん、メーターを途中で止めたり、値下げ交渉をして、認可を受けた運賃をもらわなかったりすることは道路運送法違反です。値引き交渉をして認可とは違う運賃を受け取った運転手は100万円以下の罰金。このような行為は、タクシー事業の運賃、料金の認可制度を根底から覆す行為として厳しく対応されており、タクシー会社は行政処分を受けることがあります。値引きは一切ダメと覚えておきましょう」

Q.今回のケースでまとめをお願いします。

正木さん「よく利用するタクシーですが、意外と知らないことも多いですね。トラブルにならないように、希望があれば運転手さんに直接伝える、すべてを運転手任せにしない、疑問に思ったら放っておかず、その場できちんと確認する、といったことが大切です」

(オトナンサー編集部)

1 2

正木裕美(まさき・ひろみ)

弁護士

愛知県出身。愛知県弁護士会所属。男女トラブルをはじめ、ストーカー被害や薬物問題、ネット犯罪などの刑事事件、労働トラブルなどを得意分野として多く扱う。身内の医療過誤から弁護士の道へと進む。「女性のためのトラブル解決 愛とお金と人生の法律相談」(プレジデント社)より発売中。「ゴゴスマ -GO GO!Smile!-」(CBC/TBS)のレギュラーコメンテーターをはじめ、多数のメディア・番組に出演中。

コメント