オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

独善的印象? 「中華思想」は一般の中国人にも根付いているのか

中国人とどのように接する?

Q.中華思想を持つ中国人と接するとき、相手の価値観を尊重する上で、どのように接すれば衝突せずに円満な人間関係を築けるでしょうか。

青樹さん「異文化理解では当たり前過ぎる話ですが、中国人のメンツやプライドを尊重して理解することです。『中国人はこのように考えるのだ』と知ることが大切です。気を付けないといけないことがあります。中国人の知識階級の中には、中国の政治体制、封建思想に基づく古い習慣、迷信などを批判する人もいますが、そこで外国人の私たちが同調しては駄目だということです。

中国のいろいろな面でそれぞれ問題があることは多くの中国人が分かっているのですが、『外の人間から言われたくない』という本音があります。同調すると、中国人の方が一気に冷めて距離を取り、お互いのコミュニケーションが途切れてしまうのです。

『自分から言っておきながらどうして?』と思われるかもしれませんが、要するに、自分たちは自分たちの国のことを批判しても外国人からは批判されたくないということです。私たち日本人が外国人に『日本のここが駄目だ』と話したとき、相手が日本の駄目なところを次々と言うと面白くありませんが、中華思想的なプライドを持つ中国人は、その気分の害し方が激しいのです。

そのため、『この人と深いコミュニケーションを取りたい』と思う中国人にはよほど親しくならない限り、中国の駄目なところをストレートに指摘しない方がいいでしょう。中国人と話すときは、中国や中国人に対する批判は基本的に避けるようにしています」

(オトナンサー編集部)

1 2

青樹明子(あおき・あきこ)

ノンフィクション作家・中国社会情勢専門家

早稲田大学第一文学部卒、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科修士課程修了。大学卒業後、テレビ構成作家や舞台脚本家などを経て企画編集事務所を設立し、業務の傍らノンフィクションライターとして世界数十カ国を取材する。テーマは「海外・日本企業ビジネス最前線」など。1995年から2年間、北京師範大学、北京語言文化大学に留学し、1998年から中国国際放送局で北京向け日本語放送のキャスターを務める。2016年6月から公益財団法人日中友好会館理事。著書に「中国人の頭の中」「『小皇帝』世代の中国」「日中ビジネス摩擦」など。近著に「中国人の『財布の中身』」(詩想社新書)がある。

コメント

1件のコメント

  1. 誤り二つがある
    中華思想=世界の中心❌
    中国人は中華思想を持っている❌
    中華思想は四書五経、大部中国人は知らない。