オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

親権、養育費、面会…悪妻と離婚後、男性にのしかかる6つの「悲劇」

別居の時点で離婚は決定的に

(6)住宅ローン

 カップルが同居の末に結婚、子どもを授かり、第2子、第3子と家族が増えたり、子どもたちが成長して大きくなり、自分の部屋を欲したりするタイミングでマイホームを購入し、賃貸アパートから持ち家へ移り住む…一見すると、心温まるほほ笑ましい光景ですが、「住宅ローン付きの不動産」は夫婦が離婚する上で重荷にしかなりません。

 例えば、妻が育児ノイローゼに陥り、夫婦げんかが絶えず、「しばらく、あんたの顔は見たくない」と言い出したため、夫は一時的に実家へ避難したのですが…。

 ほとぼりが冷めた頃に自宅へ戻ろうとすると、すでに鍵を交換されており、妻からは「もう関わらないでほしい!」と一蹴され、夫は離婚を決断せざるを得なかったのですが、8年前に3800万円で購入したマイホームは3000万円しか値がつかず、800万円も住宅ローンが残ることに…しかし、夫は800万円もの大金を持ち合わせておらず、融資してくれる金融機関も見当たりません。

 そして、自宅を賃貸に出そうにも賃料は10万円しか期待できず、住宅ローンの返済額は毎月12万円なので、毎月2万円の赤字を垂れ流すことになります。

 さらに、妻が家族カードを使って毎月10万円を夫の口座から引き出しており、その上で住宅ローンも引き落とされるので、手取り25万円の夫の手元に残るのはわずかに3万円。もし悪妻と離婚できたとしても、「養育費+住宅ローン」という二重の負担を強いられるようでは今と変わらないので、景気よくマイホームを購入し、一国一城のあるじになったせいで、離婚を切り出すことができないという堂々巡りに陥ってしまったのです。

 ここまで、離婚の悲劇として、親権、養育費、面会、そして、婚姻費用、慰謝料、住宅ローンについて紹介してきましたが、どう思われましたか?

 男性は離婚によって失うものが大きすぎるので、離婚回避に向けてあらゆる努力をしなければなりませんが、妻子が一度出て行くと遅かれ早かれ離婚に至ります。別々に暮らし、ほとんど連絡をせず、お金だけ送るという生活は別居も離婚も同じです。別居と離婚の違いは戸籍だけですが、戸籍が同じでも離婚同然の生活なら、籍を入れておいても仕方がありません。

 つまり、別居の時点で離婚が決定的なのだから、「勝手に出て行ったら、子どもだけ連れ戻すし、親権も渡さない。生活費は送らないし、慰謝料を請求されて困るのはそっちの方だろう」とくぎを刺し、別居を阻止することが、不本意な形で離婚しないための第一歩です。

(露木行政書士事務所代表 露木幸彦)

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント