オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 森友学園「3つの契約書」に見る助成金ビジネスの裏側

森友学園「3つの契約書」に見る助成金ビジネスの裏側

連日のようにマスコミをにぎわせている森友学園。先日は、学校建設費をめぐる「金額の異なる契約書」の問題が浮上しました。ほかにも、助成金の不正受給が明らかになっていますが、助成金や補助金をめぐる不正は同学園に限った話ではありません。

助成金や補助金をめぐる不正とは

 8億円の土地が1億円程度で払い下げられたり、時の首相の妻が名誉校長を務めていたことから政治家の関与が疑われたりと連日、マスコミをにぎわせている森友学園――。特異な教育方針と理事長一家の強烈な個性のためか、報道は過熱する一方です。

 そんな中、持ち上がっているのが「学校建設費をめぐる金額の異なる契約書」についての問題です。補助金を申請する国に23億8000万円、騒音対策への助成金申請として関西エアポートに15億5500万円、そして認可を担当する大阪府には7億5000万円と、3つの契約書が確認されています。

 このうち、金額の大きい国と関西エアポートは少しでも多くの助成金を得るため、金額の少ない大阪府は、財務状況をよく見せるためではないかと報じられていますが、それが事実であれば、助成金不正受給によって詐欺罪などに問われる可能性があります。

 また森友学園に関しては、副理事長が保育園に関する助成金を不正に受け取っていたことも明らかになっており、組織ぐるみで助成金を悪用していたフシがあります。しかし、振り返ってみると、こうした助成金や補助金をめぐる不正は森友学園に限った話ではないのです。

1 2 3 4

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。