オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

お金のだらしなさで離婚 最愛の娘を奪われた42歳男性の“異変”

不安やストレスなどの精神的要因で発症するとされる「脱毛症」。離婚などの問題を抱えて筆者の元へ相談に来る男性も“ハゲて”いる人は少なくないようです。

離婚に伴うストレスなどが脱毛症の原因に…
離婚に伴うストレスなどが脱毛症の原因に…

 筆者は日々、離婚の相談に乗っていますが最近、目の前で「ハゲ」を拝む姿が増えたと感じています。相談内容を聞くと、「それならハゲるのも無理はない」と納得することが多々あります。

「脱毛症」は髪の毛根組織に対して免疫機能の異常が発生する「自己免疫疾患」で、原因の一つは、不安や恐怖、ストレスやプレッシャー、疲労など主に精神的なものだといわれています。例えば、仕事では上司や同僚、顧客や取引先、家庭では配偶者や子ども、学校や習い事、地域のつながりなど…現代社会は人間関係によるストレスと切っても切り離せないので、脱毛症は現代病といってもよいでしょう。

 しかも、諸悪の原因を何とかしなければ、脱毛症はどんどん悪化するのだから厄介です。今回は、筆者のところへ相談に来た3人の実例をご紹介します。

妻がパパっ子の娘を連れて実家へ

「娘を誘拐されたストレスで円形脱毛症になりました!」

 そんなふうに声を荒らげるのは、1人目の相談者・中根雄一さん(42、仮名)。雄一さんは髪をかき上げ、「ココ!」という感じでハゲを指さすのですが、まるで「見てほしい」と言わんばかりの様子で筆者はただただ驚くばかりでした。

 雄一さんには6歳の娘さんがいるのですが、36歳にして初めてのわが子。目いっぱいの愛情を注ぎ、週末には水族館や図書館、海辺など一緒に思い出を作ってきたので、娘さんは「パパと結婚したい」と言うほどのパパっ子でした。しかし、妻は「実家に帰らせてもらいます」という1通のLINEを残し、娘さんを連れ、親元へ戻ったのです。

 雄一さんが急いで自宅に戻ると、すでにもぬけの殻。妻、娘さんの荷物は運び出された後でした。半ば強引に娘さんと引き離されたので、雄一さんが「誘拐」という過激な言葉を使うのも一理あります。そして、舌の根も乾かぬうちに家庭裁判所から呼び出しの手紙が届いたそうです。

 雄一さんの知らないところで妻は着々と準備を進め、離婚調停を申し立てたのは明らかでした。

調停で“だらしなさ”指摘され…

 1回目の調停で、妻は雄一さんのだらしなさ…性欲とお金の面を指摘してきたそうです。まず、性欲ですが、雄一さんはスマホでアダルト動画を見て性欲を処理していました。妻が性生活を拒否したせいですが、それなのに「娘が誤ってアダルト動画を見たらどうするの!」と指摘してきたのです。

 次に、雄一さん夫婦は3年前にマイカーを購入したのですが、手持ち資金がなかったので妻の父親に200万円を出してもらい、父親にお金を返していく約束でした。しかし、雄一さんの営業成績が悪く、賞与が思いのほか低かったので3年間、父親への返済ができずにいたのですが、妻は「借りたお金を踏み倒すなんて許せない!」と主張してきたのです。

「調停でそのことを言われたとき、本当のことなので反論できなかったんです。いざとなると言葉が出ないのは昔からなのですが…」

 雄一さんは悔しさを押し殺しますが、妻は「ああ言えば、こう言う人」だそうで、一度決めたら、てこでも動かないタイプ。雄一さんが何を言おうと、娘さんの親権(未成年の子を引き取る権利)を譲らないであろうことは想像に難くありませんでした。雄一さんは親権のことを尋ねられたとき、下を向いて黙ったままだったそうです。

 雄一さんが妻の実家を訪ね、頭を下げ、借りた200万円を耳をそろえて返済すれば、妻と娘さんを連れ戻すことができたかもしれません。しかし、妻が娘さんを連れ去ってから、すでに8カ月が経過しており、今更手遅れでした。雄一さんが親権を諦める代わりに、離婚は成立したのです。

 もちろん、雄一さんは娘さんにとって唯一の父親なので、娘さんに会う権利(面接交渉権)は存在します。しかし、妻の性格を考えると今後、娘さんに雄一さんの悪口を吹き込む可能性が高く、娘さんが雄一さんのことを嫌うのは時間の問題です。そもそも、雄一さんが「娘に会わせてほしい」と頼んだとして、妻は娘さんの気持ちを聞かず、「会いたくないって言っている!」とうそをつくことは目に見えています。

 雄一さんは、娘さんと二度と会えないことをうすうす悟っており、別居前日に会ったきり、今生の別れになりそうです。悲惨すぎる現実を目の当たりにし、「もっと妻を見張っておけば」「仕事を頑張って車のお金を払っておけば」「妻にスマホを見られなければ」…そんな後悔の念が何十回も頭の中をグルグルと駆け巡った結果、円形脱毛症を発症してしまったのです。

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント