オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

乾燥する冬の必需品「のどあめ」「トローチ」は何が違う? 迷ったときの選び方は?

空気が乾燥する冬の時期は、喉の不調を訴える人が急増します。そんなときに重宝する「のどあめ」「トローチ」は、どう使い分けたらよいのでしょうか。

のどあめとトローチの違いは?
のどあめとトローチの違いは?

 空気が乾燥する冬は、喉の不調を訴える人が急増します。咳(せき)が出たり、痛みを感じたりしたとき、コンビニやドラッグストアで「のどあめ」や「トローチ」を手に取る人もいると思いますが、両者について「どちらがいいのか悩むときがある」「正しい使い方はあるのかな」「予防にも効く?」などの疑問を持つ人もいるようです。

 のどあめとトローチの違いや選び方について、内科医の市原由美江さんに聞きました。

トローチは「薬」、のどあめは「食品」

Q.まず、喉の不調を感じる原因やメカニズムを教えてください。

市原さん「喉の痛みやイガイガした感じがするのは、空気の乾燥▽ウイルスや細菌の感染▽喉の酷使、などが原因です。ウイルスや細菌が喉に侵入すると、喉の粘膜がこれらを外に追い出す働きをしますが、空気が乾燥しているとこの働きが低下し、感染しやすくなるのです。喉の痛みやイガイガが刺激になり、咳が誘発されることもあります」

Q.のどあめとトローチの違いは何でしょうか。

市原さん「おおざっぱに分類するとしたら、トローチは基本的には薬で、のどあめは基本的には食品といえます。ただし、トローチの中にも医薬品に該当しないものがあり、のどあめの中にも医薬品として認められているものがあるので、重なり合う部分もあるといえます。

厚生労働省が定めている医薬品の規格基準書『日本薬局方』には『トローチ剤』という項目があり、『口腔内で徐々に溶解または崩壊させ、口腔、咽頭などの局所に適用する口腔用錠剤』と定義されています。一方、のどあめは記載されていません。

トローチは、病院などで処方箋を書いてもらう処方薬と、市販薬、医薬部外品(医薬品ではないが効果が認められている)があります。一方、のどあめは、食品と医薬部外品、市販薬があります」

Q.のどあめとトローチの分類について、もう少し詳しく教えてください。

市原さん「まず、のどあめは、有効成分の有無によって2種類に分けられます。喉の痛みに対する効果や効能が認められていない『お菓子の一種であるあめ』と、有効成分による効果が認められている『医薬部外品または市販薬のあめ』です。

有効成分の入っていないのどあめは、なめたとき、喉の爽快感や潤いで症状が緩和したように感じます。食品なので、1日の摂取量は決まっていません。一方、医薬部外品や市販薬のあめは、炎症を抑える成分や殺菌成分が入っているので、喉の痛みへの効果はありますが、処方薬と同じ成分でも含有量が少なく、効果としてはマイルドです。使用する年齢の制限や1日の使用量に決まりがあります。

病院で処方されるトローチには、殺菌成分が含まれています。トローチは市販のものもありますが、それよりも有効成分の含有量が多いので、市販のものよりも効果が期待できます。こちらも、年齢制限や1日の使用量を守る必要があります」

Q.喉に不調が出たとき、のどあめとトローチのどちらを選ぶのがよいのでしょうか。

市原さん「単に喉が乾燥しているだけであれば、のどあめでも効果はあります。風邪の初期症状であれば、早めに、有効成分の含まれているトローチを使うことをおすすめします。より効果を望むなら、病院で処方してもらうトローチがよいでしょう。もちろん、水分をよく取るなど喉を乾燥させないようにするのは必須です」

Q.のどあめやトローチは、喉の不調の予防にも効果があるのでしょうか。

市原さん「のどあめは唾液の分泌を促すので、喉を乾燥させないという点においては、予防効果はあると考えられます。しかし、取り過ぎるとカロリーが気になるので、唾液の分泌を促すだけであればガムでもよいでしょう。トローチも唾液の分泌を促しますが、有効成分が入っているので、予防の段階で使うことはおすすめしません」

Q.のどあめやトローチを効果的に使用するポイントや注意点とは。

市原さん「喉に違和感があったら早めにのどあめを、もっと効果を出したければトローチを使うとよいです。のどあめもトローチも、有効成分をじっくり効かせるという意味で、かまずになめた方がよいと思います。また、有効成分が長く喉にとどまる方が効果的なので、なめた直後に水分や食べ物を口に入れない方がよいでしょう。

のどあめは予防にはなるものの、カロリーがあるので取り過ぎには注意しましょう。トローチは殺菌作用があるので有効ですが、これだけで完全に治るとは言い切れません。トローチに頼り過ぎず、水分をよく取って喉を潤す▽加湿器などを使って喉を乾燥させないようにする▽できれば、炎症を抑える作用のあるうがい薬を利用する▽風邪の初期症状としての咽頭痛(喉の痛み)に効果のある漢方薬を利用するなど、悪化する前にできることを試しましょう」

(オトナンサー編集部)

市原由美江(いちはら・ゆみえ)

医師(内科・糖尿病専門医)

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック副院長。自身が11歳の時に1型糖尿病(年間10万人に約2人が発症)を発症したことをきっかけに糖尿病専門医に。病気のことを周囲に理解してもらえず苦しんだ子ども時代の経験から、1型糖尿病の正しい理解の普及・啓発のために患者会や企業での講演活動を行っている。また、医師と患者両方の立場から患者の気持ちに寄り添い、「病気を個性として前向きに付き合ってほしい」との思いで日々診療している。糖尿病専門医として、患者としての経験から、ダイエットや食事療法、糖質管理などの食に関する知識が豊富。1児の母として子育てをしながら仕事や家事をパワフルにこなしている。オフィシャルブログ(https://ameblo.jp/yumie6822/)。

コメント