オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「電動歯ブラシ」と「手用歯ブラシ」、結局どちらを使うべき? 購入時のポイントは?

歯ブラシを買うときのポイントは?

Q.手用/電動それぞれの歯ブラシを買うときに、チェックすべきポイントとは。

園田さん「次のポイントを参考に、手用と電動のそれぞれを選んでみてください」

【手用歯ブラシ】

毛先や持ち手の形が多岐にわたるため、自分が磨きやすいものを選ぶ必要があります。歯の表面に付く歯垢を落とすことで虫歯を予防し、歯と歯肉の境目に残る歯垢を落とすことで歯周病を予防できます。

歯と歯肉の境目に対して、毛先が太く硬い歯ブラシを使ってしまうと、境目に入りにくい上に歯肉を傷つけやすくなってしまうため、毛先が細くて軟らかいものを選ぶことが大切です。

【電動歯ブラシ】

電動歯ブラシのヘッドの動き方や性質が異なるため、自分のブラッシング方法に合ったものを見極めて選ぶ必要があります。

・高速運動電動歯ブラシ…振動や回転によって歯垢を除去するが、手磨きをサポートする程度の少ない振動数のため、手用歯ブラシと同様に手を動かして磨く必要がある。振動数は毎分3000~7000回

・超音波電動歯ブラシ…超音波を発生させ、歯垢や細菌を歯からはがすことで除去する。振動数が多いものの、微細な振動でほとんど振幅がないため、やはり手を動かして磨く必要がある。振動数は毎分120万回以上

・音波電動歯ブラシ…高速運動電動歯ブラシと同様、振動や回転で動くが、音波領域の高速振動から水流と泡が生み出され、この泡が弾けて歯垢を落とす。振動数は毎分2万~4万回
(※ペースメーカーを使用している人は誤作動を起こす可能性があるため、超音波電動歯ブラシの使用について事前に確認する必要があります)

Q.ちなみに、園田先生は普段の歯磨きに、電動と手用のどちらを使っておられますか。

園田さん「普段から手用歯ブラシを使用しています。電動歯ブラシも、歯磨きの効率化という点からとてもよいと感じるものもありますが、手用は新しい形のものが発売される頻度が高く、歯ブラシを交換する際に新しいものを試して自分に合っているかをみることも楽しみの一つです。また、歯と歯肉の境目を磨く際、手用では慣れてくると毛先が境目に入っている感覚を感じやすく、これによって隅々まで磨けているのを確認できることも理由の一つです。

周りの歯科医師、歯科衛生士の使用する歯ブラシは、手用・電動とも半々の割合だと思います。歯磨きのプロとして言えるのは、ブラッシング方法が身に付いていればこそ、手用/電動どちらを使用しても隅々までしっかりと汚れを除去できる、ということです」

(オトナンサー編集部)

1 2

園田茉莉子(そのだ・まりこ)

歯科医・医療法人社団正美会 吉祥寺まさむねデンタルクリニック理事

日本大学歯学部卒業。日本大学歯学部歯科病院で研修後、口腔外科を経て2012年4月より現職。クリニックでは、外来診療(一般歯科診療・口腔外科・インプラント・矯正)および訪問歯科診療を行っている。訪問診療は9年の経験あり。吉祥寺まさむねデンタルクリニック(http://kichijoji-masamune.com/)。

コメント