オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

スマホに子守をさせて…悪印象もある「スマホ育児」、そのメリットや危うさとは?

「スマホ育児」という言葉が多く聞かれるようになりました。便利な半面、使い過ぎの心配もあり、ネット上でも賛否が分かれています。

賛否が分かれている「スマホ育児」
賛否が分かれている「スマホ育児」

 近年、「スマホ育児」という言葉が多く聞かれるようになりました。スマホやタブレット端末を子どもに持たせ、知育アプリや動画などで自由に遊ばせたり、子守中に親がスマホを操作したりしている状態を指す言葉ですが、「スマホに子守をさせている」「親が子どもを見ずにスマホばかり見ている」といったネガティブな印象を抱く人がいる一方、「動画を見せている間に家事ができる」「育児関連の調べ物にスマホは欠かせない」との声もあり、賛否が分かれています。

 スマホの存在が当たり前のものとなった昨今、「スマホ育児」には、どのような利点や危うさが潜んでいるのでしょうか。家族や教育、子どもの問題に詳しい、作家でジャーナリストの石川結貴さんが解説します。

コミュニケーション面では要注意

 子育てや子どもの生活にスマホが関わることが多くなってきました。メリットとデメリットの両方がありますが、まず、メリットとしては「便利さ」「楽しさ」「つながり」などが挙げられます。例えば、子どもの成長記録やアルバム作成のアプリなどは便利なだけでなく、離れて暮らす祖父母との情報共有もできます。みんなで楽しさを分かち合い、新たなつながりを得られる。これは大きなメリットといえるでしょう。

 また、子育て中のお母さんは孤独や不安を感じることが多いもの。ママ同士で交流できるSNSや、悩みを相談できるネット掲示板などを利用することで精神的に救われたり、子育てに役立つ情報を得たりすることもできます。スマホは、さまざまな形で私たちの生活に役立ちますから、「子育てに使ってはだめ」と全否定するのは無理があります。また、現時点では「子どもに悪影響がある」という科学的な証明もありません。

 一方で、スマホ育児を危惧する声も多く、実際にデメリットと呼べるような問題も起きています。特に、親子のコミュニケーションや、愛着関係に関わる問題には注意が必要です。

 例えば、お母さんが授乳をしているとき、当の赤ちゃんはお母さんの表情、優しい声掛け、肌のぬくもり、母乳の味などを体感します。視覚や聴覚、味覚、触覚などの感覚をフル回転させ、そこで得た情報から、「信頼感」や「安心感」を得ています。このように、乳幼児期の子どもの脳や心身の発達には、周囲からの働きかけが非常に重要です。そこで得た親との信頼関係や愛着関係が後の社会性、対人関係の基礎となるといわれています。

 しかし、授乳中、お母さんがSNSや動画に夢中だったらどうでしょうか。赤ちゃんは「この人に大切にされている」という安心感どころか、「無視されている」という不安感を抱いてしまうかもしれません。

 言葉で表現ができない乳幼児は、泣いたり、手足をバタつかせたりするボディーランゲージで自分の状態を訴えます。親の方も子どもの様子に合わせ、表情やしぐさを変えるなどして臨機応変に対応するはずです。なだめたり、叱ったり、抱っこして安心させたりと親の対応がさまざまに変化することで、子どもは多様な刺激や情報を得るのです。

 スマホは、あくまでも人工物です。設定された音声や画像、限られたパターンの情報しか得られないため、子どもが受け取る情報もその域を出ません。また、直感的に使える機器であるスマホは、操作方法や内容がよく分からなくても、押したり触ったりするだけで動くため、幼い子どもに親和性が高いといわれています。

 子どもとスマホの親和性の高さには、子どもの成長過程が関連しています。幼児がネジやボタンを指で押すことがありますが、指で押す・触る・つまむといった行為は人間の自然な成長過程の一つなのです。スマホの操作はこうした行為とピッタリ合ってしまうため、「親が教えていないのに子どもが勝手にスマホを使っていた」「一人でどんどんタップして操作する」といったことがしばしば起こります。

 このように、スマホは子どもにとって親しみやすいのですが、一方で「よく分からないけれど、どんどん使ってしまう」ことにもなりかねません。

 さらに、刺激的な音声や映像などが「もっと見たい」という興奮、「すぐにやりたい」という欲求につながりやすいこともあります。「少しの時間だけ」、そう思って子どもにスマホを与えたら、夢中で使い続けて「やめなさい」と言っても聞かない…こんな経験をお持ちの人もいらっしゃるのではないでしょうか。「いつの間にかスマホと離れられなくなってしまう」など、依存につながりやすいという問題も大きなデメリットといえるでしょう。

1 2

石川結貴(いしかわ・ゆうき)

作家・ジャーナリスト

家族・教育問題、児童虐待、青少年のインターネット利用などをテーマに豊富な取材実績を持つ。短編小説集「小さな花が咲いた日」は7年連続で中学・高校入試問題に採用されている。最新刊「ルポ 居所不明児童~消えた子どもたち」では、児童虐待や貧困問題を抱えたまま放置される子どもの現状を報告した。出版以外にも新聞、雑誌への寄稿、「あさイチ」「報道ステーション」など数多くのテレビ番組に出演。2013年には「第61回日本PTA全国研究大会」の講演者に選出された。2015年、全国各地方紙(時事通信社配信)で教育特集記事「子どもとスマホ」を連載。

コメント