オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

日焼けが気になる季節…乳幼児に「日焼け止め」を塗っても大丈夫? 薬品の影響は?

帰宅後、塗りっ放しでも大丈夫?

Q.外出から帰宅後も、乳幼児の肌に日焼け止めを塗りっ放しにしておいても大丈夫なのでしょうか。

佐藤さん「帰宅後から入浴まで、日焼け止めを塗りっ放しにしておいても特に問題にならないと思います。入浴時にきれいに落としてもらえればと思います」

Q.日焼け止めが肌に合わなかった場合、乳幼児にどのような肌トラブルが起きますか。肌トラブルが起きた場合、病院に行く前に家で対処できることはあるのでしょうか。

佐藤さん「日焼け止め製品の成分が肌に合わないと、かぶれ(接触皮膚炎)を起こします。かぶれると肌がガサガサしてきて、皮膚が赤く腫れたりします。ひどい場合は、水ぶくれができることがあります。

肌に異変がみられたら、製品をしっかり落として、ワセリンや保湿剤などで肌を保護しましょう。かゆみがある場合は肌を冷やすとかゆみは軽減します。軽い場合は保湿で軽快しますが、赤みが引かない場合は早めに受診していただくことをおすすめします」

Q.外遊びは乳幼児が運動感覚を養うために必要で、夏であっても避けるわけにはいきません。日焼け止め以外に、日焼けしないためにできる対策は何ですか。

佐藤さん「日中の外遊びで紫外線を全く浴びないのは不可能なので、浴びる量を減らす工夫をしましょう。日本臨床皮膚科医会や日本小児皮膚科学会では、下記のことを推奨しています」

【時間を工夫する】

紫外線は早朝や夕方は非常に弱く、午前10時~午後2時が強くなります。屋外活動はなるべく紫外線の弱い時間帯に行い、強い時間帯には紫外線対策をきちんと行いましょう。

【場所を工夫する】

日陰は日なたの約50%に紫外線が減るので、テントやパラソル、よしずなどを積極的に利用しましょう。曇りでも晴天の約80%の紫外線が出ているので対策は必要です。

【帽子・服で覆う】

帽子のつばが7センチあれば、約60%の紫外線をカットできるので、なるべくかぶるようにしましょう。七分袖やえりつきのように体を覆う部分の多い服の方が、紫外線から肌を守ることができます。生地の色は濃い色の方が紫外線を吸収しますが、熱中症を防ぐためには白や淡い色のもので織り目や編み目がしっかりした綿かポリエステル・綿の混紡素材のものを選びましょう。

【日焼け止めを上手に使う】

SPF15以上であれば、紫外線対策としては十分です。ただし、たっぷりと均一に塗らないと期待通りの効果は得られません。時間とともに効力が弱くなったり、汗で流れたりもするので、2~3時間ごとに重ね塗りすると効果的です。

(オトナンサー編集部)

1 2

佐藤卓士(さとう・たかし)

医師(皮膚科・形成外科)・医学博士

アヴェニュー表参道クリニック院長。京都大学農学部卒業。九州大学医学部卒業。岡山大学医学部、杏林大学医学部、都立大塚病院形成外科にて研鑽(けんさん)を積み、現在に至る。日本形成外科学会認定専門医、日本レーザー医学会認定レーザー専門医。日本形成外科学会、日本皮膚科学会、日本美容外科学会、日本レーザー医学会、日本手外科学会、日本創傷外科学会所属。アヴェニュー表参道クリニック(https://www.a6-clinic.com)。

コメント