オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マネー
  • 【マーケット展望】トランプ氏への政策期待で株高・金利高、プリーバス氏指名は「安心感」

【マーケット展望】トランプ氏への政策期待で株高・金利高、プリーバス氏指名は「安心感」

週明け11月14日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸、前週末比297円83銭高の1万7672円62銭で取引を終えました。今後の展開はどうでしょうか。

この日の日経平均は続伸し1万7672円62銭で取引を終えた

 週明け11月14日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸、前週末比297円83銭高の1万7672円62銭で取引を終えました。

 今後の展開はどうでしょうか。

 マネースクウェア・ジャパンの津田隆光チーフアナリストによると、トランプ次期米大統領への政策期待から株高と金利高が進行し、ドルが主要通貨に対して買われている状況といいます。

 大統領選を受けて「反トランプ」の動きが全米で起きているものの、マーケット参加者は財政出動や大幅減税、金融規制改革法(ドッド・フランク法)撤廃などに対する「政策期待の先行買い」の様相を呈しています。

 また、トランプ氏は次期政権の閣僚人事において、プリーバス共和党全国委員長を首席補佐官に指名、同氏はマーケットに親和的との見方もあり、「その安心感がマーケットを下支えしている形です」。

 ただし、テクニカル的には「ドル/円の上昇余地は限られているかもしれません」とのことです。

(オトナンサー編集部)

津田隆光(つだ・たかみつ)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部チーフアナリスト

日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。主に国際商品市況のマーケット業務に従事し、2008年1月にマネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。シニアテクニカルアナリストとして、独自のアレンジを取り入れた各種テクニカル分析レポートを執筆するほか、セミナー講師やラジオ番組コメンテーターなどを務める。2016年4月にM2J市場調査部チーフアナリスト就任。