• HOME
  • レジャー
  • 外国人観光客のお目当ては「おもてなしの心」ではない!? 最近の日本旅行事情とは

外国人観光客のお目当ては「おもてなしの心」ではない!? 最近の日本旅行事情とは

米映画監督のマーティン・スコセッシさんが来日し、映画「雨月物語」など日本文化から大きな影響を受けたとコメント。そこで今回は、外国人観光客にとっての「日本旅行」の魅力を聞きます。


寺社文化など日本の精神を体験したがる人が増えているという

 米映画監督のマーティン・スコセッシさんらが10月17日に来日し、優れた芸術家を称える「高松宮殿下記念世界文化賞」の受賞者会見に出席しました。

 スコセッシ監督は会見で、少年期に溝口健二監督の映画「雨月物語」を見て以来、日本文化から大きな影響を受けたと明かし、「私の生涯を豊かにしてくれた、日本での受賞に感動しています」とコメントしました。

 外国人に人気の日本文化といえば、最近ではアニメを思い浮かべる人も多いことでしょう。しかし、本当にそれだけでしょうか。オトナンサー編集部では、和文化研究家の齊木由香さんに話を聞きました。

自然や生活に触れて「原風景」感じ取る

 齊木さんが挙げるのは「日本旅行」の魅力です。

 これまで外国人観光客にとって、旅館で懐石料理を楽しみ、「おもてなしの心」を体感することが、日本旅行の「醍醐味」とされてきました。しかし近年では、神社やお寺の宿泊施設「宿坊」に泊まることで、寺社文化や日本の精神を体験する外国人が増えているといいます。

 変化は、彼らが訪れる観光地にも表れています。東京や京都の人気はいまだに高いものの、近年では、合掌造りが有名な岐阜の「白川郷」や、屋久杉で知られる鹿児島の「屋久島」など世界遺産を訪問する外国人が増えているようです。

 手つかずの豊かな自然と住民たちの生活に触れることで、「日本の原風景を感じ取っているのかもしれません」(齊木さん)。

1 2
%e9%bd%8a%e6%9c%a8%e7%94%b1%e9%a6%99

齊木由香(さいき・ゆか)

日本礼法教授、和文化研究家、着付師

旧酒蔵家出身で、幼少期から「新年のあいさつ」などの年間行事で和装を着用し、着物に親しむ。大妻女子大学で着物を生地から製作するなど、日本文化における衣食住について研究。2002年に芸能プロダクションによる約4000人のオーディションを勝ち抜き、テレビドラマやCM、映画などに多数出演。ドラマで和装を着用した経験を生かし“魅せる着物”を提案する。保有資格は「民族衣装文化普及協会認定着物着付師範」「日本礼法教授」「食生活アドバイザー」「秘書検定1級」「英語検定2級」など。