オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 東南アジアを旅するとアベノミクスの失敗がよく分かる

東南アジアを旅するとアベノミクスの失敗がよく分かる

東南アジアの諸国について、現地を訪れる日本人の多くが「勢いがある」との感想を持ちますが、その理由は「活気」と「物価」の2つだと筆者は考えます。一方、日本はピークの過ぎ去った老人のようで…。

タイの首都バンコクの高層ビル群

数字上は「アジアの巨人」である日本

「東南アジアの勢いはすごい」「日本もいつかは追いつかれる」。タイやベトナムなど、旅行先としても人気の東南アジアには毎年、多くの日本人が訪れますが、このような旅の感想をお持ちの方が多いようです。しかし、国内総生産(GDP)ベースで世界第3位の経済大国である日本は圧倒的な「アジアの巨人」であり、中国に抜かれたとはいえ、まだまだ大きな差があるのが実情です。

【名目GDP】

日本      4兆9386億ドル
韓国      1兆4112億ドル
インドネシア  9324億ドル
タイ      4069億ドル
ベトナム    2013億ドル

 データ上はこれだけの開きがあるにもかかわらず“肌感覚”として脅威を感じる理由は「活気」と「物価」ではないかと思います。実際、「若者が多い」「消費活動が盛ん」といった声はよく聞かれますが、少子高齢化に苦しむ日本に比べて、アジア諸国はそもそも平均年齢が低いため、実態として活気があるのでしょう。

 物価に関しては、定期的に東南アジアを訪れる方は「さまざまなもの(食事やサービスなど)が安いことは間違いないが、以前よりは高く感じる」と話します。つまり、まだまだ差はあるものの、日本の物価に「確実に近づいている」ということです。これは、各国の「消費者物価指数」から紐解くことができます。消費者物価指数とは、商品やサービスの物価の変動を見る指標で、単純に言えば「インフレ率」です。

 以下は、各国の消費者物価指数が1996~2016年の間にどれくらい変動したのかを表したものです。

国名      1996年  2016年

韓国      57.5   100.9
インドネシア  19.0   124.6
タイ      64.1   100.1
ベトナム    69.9   248.0
日本      97.7    99.8

1 2

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。