オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 婚活サイトで出会った男に見放された36歳女性、LINEだけで「復縁」に成功した方法(上)

婚活サイトで出会った男に見放された36歳女性、LINEだけで「復縁」に成功した方法(上)

ストーカー癖のため彼に愛想を尽かされ、結婚のチャンスを失いかけたアラフォー女性。「交際の有無」「性交渉の同意の有無」「拒否の有無」「抵抗の有無」の4つを使って、無事「復縁」に成功しました。

女性が復縁に成功した方法とは?
女性が復縁に成功した方法とは?

 女心はもちろん、男心だって秋の空。夏の蜜月も秋になれば、一寸先は闇。たった一つ季節が進んだだけなのに、人の心は移ろいやすいと思いませんか。

 例えば、せっかく手に入れた彼だから、良かれと思ってLINEは即返信するし、三歩下がって健気な女を演じるし、初デートでも体を許すし…そんなふうに一生懸命に尽くしてきたのが裏目に出てしまい、「重い女」と思われたのでしょうか。

「今は仕事が忙しい」という彼の口癖が彼女のストーカー癖を触発してしまい…例えば、彼からのLINEの返事が翌日になると「こんなんじゃ続かないよ。別れたいの?」とヒステリックに詰め寄ったり、次のデートがなかなか決まらないと「私と仕事、どっちが大事なの!」と無理な二択を迫ったり、彼のスマホを盗み見て「この女は誰」と浮気を疑ったり…彼女の「束縛」に嫌気が差したのでしょう。

 突然、LINEは既読スルー状態に。ようやく彼女は、彼から嫌がられ、愛想を尽かされて、遠ざけられたことに気付いたのですが後の祭りです。しかし、「次」がないアラフォー女子にとって彼氏を失うのは死活問題。このまま白黒をつけずにフェイドアウトしそうな彼を「もう一度だけチャンスを!」と泣き落とし、LINEを復活させ、つなぎ止めるには、どうしたらよいでしょうか。

 今回紹介するのは「交際の有無」「性交渉の同意の有無」「拒否の有無」「抵抗の有無」という4つをうまく使って復縁を実現する方法です。

 ところで昨年、改正された刑法が施行されたのですが、具体的には、強姦罪(改正後は「強制性交等罪」)の法定刑の下限が懲役3年から5年に引き上がっただけでなく、今まで被害者本人の告訴が必要でしたが(=親告罪)、今後は告訴がなくても起訴できるようになりました。

 今回の刑法厳罰化にうまく便乗すれば、今まで以上に目的を達成しやすくなるし、昨今のニュースで連呼される「男は疑われた時点で人生終了」という一罰百戒の風潮や「疑わしき男は罰する」という、男尊女卑ならぬ「女尊男卑」の傾向も追い風になるでしょう。「逃げの一手」の彼を追いかけ、よりを戻し、交際を続ける具体的なやり方について稲本綾香さん(36歳)のケースを元に見ていきましょう。

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。