オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

トラブルに発展も… SNSの「裏垢」を持つ若者の心理と、周囲の大人が気を付けるべきこと

裏垢で友達の「裏の顔」を探る女子高生も…

Q.裏垢によってどのようなトラブルが起こりうるのでしょうか。

石川さん「裏垢だから何を言ってもバレない、こうした安易な考えで利用すると危険です。例えば、リア友に『検索される』というトラブル。友達が裏垢でどんな顔を見せているのかを探ろうと、検索する子どもも増えています。私が取材した女子高校生は、『本名やニックネームをもじった言葉、好きな芸能人や趣味、よく使う口癖などから検索をかけるとたいてい裏垢が見つかる』と話していました。そうして友達の裏垢を見つけたら、援交やJKビジネスの話ばかり載っていて、『ヤバすぎるから、付き合うのをやめた』と言うのです。

こんなふうに、裏垢が原因でリアルの信頼を失くしてしまうだけでなく、裏垢で何かのトラブルに遭ってもリアルの友達や家族には相談できません。裏垢のつながりで何とかしようとしても、脅されたり、だまされたりしてもっと大きなトラブルになる可能性もあります」

Q.裏垢によるトラブルを防ぐために、周囲の大人が気を付けるべきことを教えてください。

石川さん「裏垢だからといって、一方的に禁止したり、問題視したりするのは現実的ではありません。誰でも人には言えない悩みやコンプレックスはありますし、裏垢を利用することで心の内をはき出しやすくなることもあるでしょう。

ただし、いくつかの注意は必要です。まず、裏垢の危険性やトラブルについて親子でしっかり調べ、共通認識を持つようにしてください。できれば『こんなトラブルに巻き込まれたらどうするか』と、事前にシミュレーションしましょう。例えば、裏垢に書き込んだ内容が元で炎上したらどうするか、親子で考えてみます。『炎上しないように書き込みに注意する』『もし炎上したら、すぐに○○に相談する』などのように、具体的に考えておくことが大切です。相談できる大人や信頼できる相談機関などの情報も伝えてください。

何より大切なのは、『あなたの表も裏も、どんなことでも受け入れる』という姿勢を子どもに示すことです。いつも『良い子』であることを求めるのではなく、弱音や悩みはあって当然だから困った時は頼ってほしい、というメッセージをしっかり出しておきましょう」

(ライフスタイルチーム)

1 2

石川結貴(いしかわ・ゆうき)

作家・ジャーナリスト

家族・教育問題、児童虐待、青少年のインターネット利用などをテーマに豊富な取材実績を持つ。短編小説集「小さな花が咲いた日」は7年連続で中学・高校入試問題に採用されている。最新刊「ルポ 居所不明児童~消えた子どもたち」では、児童虐待や貧困問題を抱えたまま放置される子どもの現状を報告した。出版以外にも新聞、雑誌への寄稿、「あさイチ」「報道ステーション」など数多くのテレビ番組に出演。2013年には「第61回日本PTA全国研究大会」の講演者に選出された。2015年、全国各地方紙(時事通信社配信)で教育特集記事「子どもとスマホ」を連載。

コメント