オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

トラブルに発展も… SNSの「裏垢」を持つ若者の心理と、周囲の大人が気を付けるべきこと

SNSで、本来のアカウントとは別に「裏垢(裏アカウント)」を作る若者が増えています。裏垢には、家族や友達に言えない秘密や愚痴を投稿することが多く、トラブルに発展するケースもあるようです。複数のアカウントで顔を使い分ける若者の心理とは――。

SNSで「裏垢」を作る若者が増加中
SNSで「裏垢」を作る若者が増加中

 若者と「裏垢」の関係について先日、SNS上などで話題になりました。近年、SNSにおいて、クラスの友達などに公開している「本垢(本アカウント)」とは別に、親しい人や一部の人だけに向けて発信するための「裏垢(裏アカウント)」を持つ若者が増加しているようです。裏垢には、本垢では出さないような本音や愚痴など、赤裸々な内容を投稿する人が多く、友人の裏垢を探して検索やハッシュタグを辿るうちに、出会い系などのトラブルに巻き込まれるケースもあるといいます。

 これについて「身近な人に打ち明けられない悩みがあるのはよくわかる」「裏垢で悪口言い放題っていうのもどうかと」など、さまざまな声が寄せられています。複数のアカウントを使い分ける若者の心理とは、どのようなものでしょうか。家族や教育、子どもの問題に詳しい、作家でジャーナリストの石川結貴さんに聞きました。

裏垢の存在自体よりも、その使い方が問題

Q.まず、裏垢を持つ若者が増加しているというのは事実でしょうか。その理由や背景について、どうお考えですか。

石川さん「情報セキュリティー企業のデジタルアーツが実施した調査(『第11回未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査』、2018年3月)によると、裏垢の所有率は子ども(10~18歳)全体の39.6%。女子高校生では68.9%に上ります。SNSを利用する際、複数のアカウントを使い分けるのは、当たり前の感覚になりつつあるでしょう。

リアルの友達とつながるための『本垢』、趣味を通じて仲良くなる『趣味垢』、愚痴や悪口吐き出す『闇垢』などがありますが、こうした使い分けはSNSに限ったことではなく、最近になって始まったことでもありません。昔から、『本音と建て前』『心にもないお世辞を言う』などと言われます。リアルの生活でも人はいろいろな顔を持ち、人間関係を使い分けているのです。裏垢を持つこと自体が問題なのではなく、その使い方やつながり方に注意が必要ということだと思います」

Q.本垢と裏垢を使い分ける若者の心理や、その背景についてどうお考えですか。

石川さん「人には『本当の自分をわかってほしい』気持ちと、『本当の自分を知られたくない』という、相反する心理があります。

例えば、人付き合いが苦手な女子高校生が、学校では無理して明るく振る舞っていたとします。周りの友達から、『いつも元気だね』などと言われると、『いや、本当の自分はそうじゃない』『素の自分をわかってくれる友達が欲しい』という気持ちになります。だからといって『本当の私はそんなに社交的ではない』とは言いづらいし、そういう自分のことを学校の友達に知られたくない、という不安もあるのです。SNSの裏垢では、素の自分をさらせたり、本音を受け止めてくれる人とつながれたりする面もあります。

また、今の若者や子ども社会は『同調プレッシャー』がますます高まっています。みんなと一緒、周りに合わせていないとハブられる、こんな空気に支配されています。『教室は たとえて言えば 地雷原』という川柳を作った男子中学生がいますが、要は教室の中でいつも空気を読み、浮かないように気を使っていないと『地雷を踏んじゃう』、そんな緊張感があるわけです。こうしたことからも、裏垢で素の自分になれたり、本音を言えたりすることが求められているのでしょう」

1 2

石川結貴(いしかわ・ゆうき)

作家・ジャーナリスト

家族・教育問題、児童虐待、青少年のインターネット利用などをテーマに豊富な取材実績を持つ。短編小説集「小さな花が咲いた日」は7年連続で中学・高校入試問題に採用されている。最新刊「ルポ 居所不明児童~消えた子どもたち」では、児童虐待や貧困問題を抱えたまま放置される子どもの現状を報告した。出版以外にも新聞、雑誌への寄稿、「あさイチ」「報道ステーション」など数多くのテレビ番組に出演。2013年には「第61回日本PTA全国研究大会」の講演者に選出された。2015年、全国各地方紙(時事通信社配信)で教育特集記事「子どもとスマホ」を連載。

コメント