オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

叱るのも褒めるのも「後で」はNG? 子どものしつけは「現行犯主義」がよい理由

「子どもの悪い行動が直らない…」と悩んでいる人はいませんか。もしかしたらそれは、「その場、その瞬間に叱っていないから」かもしれません。

子どもには「現行犯主義」が効果的?
子どもには「現行犯主義」が効果的?

 同じことを毎日のように言い聞かせているのに、子どもの行動が直らない…。そういったことはありませんか。それは、親からの言葉が“馬の耳に念仏”状態に陥っているからかもしれません。では、なぜそうなってしまうのでしょうか。

その場で叱って「終わり」にする

 ニュースでよく聞く「現行犯逮捕」という言葉。罪を犯しているその瞬間に逮捕することです。犯罪発生から時間が経過してしまったり、犯人の居場所が変わってしまったりすると、逮捕までに時間がかかります。

 子どものしつけをこれと並べるのは大変はばかられるのですが、ある意味で似ている部分もあると感じます。子どもが悪い行動をしたとき、時間が経過してから、または場所を変えてから叱るのは、効果が薄いと思うからです。

 例えば子どもが、青信号がチカチカしているのに無視して、強引に横断歩道を渡ったとき。「ここで大声を上げて叱ったら、通行人から“虐待している親”だと思われてしまう」と思い、だいぶ時間が経過してから、あるいは家に帰ってから、「あのとき、信号が赤に変わりそうになったのに渡ったよね。車にひかれたら危ないでしょ」と叱っても、子どもには響きません。まさに渡ろうとしたとき、周りからどう思われても、子どもの命を守るため、そしてこれからの安全意識を高めるために、「危ないから止まりなさい!」とビシッと叱りましょう。

 スーパーで、子どもが「お菓子買って~。買って~」と大騒ぎしたときも同様なのではないでしょうか。「ここで押し問答して『買う・買わない』でもめていたら、いつまでも泣きやまないで周りに迷惑がかかる」とつい思ってしまい、買い与えたとしましょう。

 そして、家に帰ってから「今日、スーパーで『お菓子欲しい』って泣いたよね。それってどう思う? 夕飯の買い物に行くたびに『お菓子は買わない』って何度も言ったでしょ! 大騒ぎして泣いたらダメでしょ」と叱ったとしても、「泣いて騒いだら買ってくれた」事実があるので、子どもは既に、誤って覚えています。周りの目を気にしないで、その場で「泣いてもダメよ。今日は買わないって約束したでしょ」と、毅然(きぜん)とした態度で断りましょう。

 そして大事なことは、「信号無視をした」「お菓子を欲しがった」ときにその場で叱ったら、それで終わりにすることです。その場で注意したら再度、家に帰ってから蒸し返すのはやめましょう。

 また、その場にいなかった夫に、子どものいないところで報告はしても、夫からさらに叱ってもらう必要はありません。現場を見ていない相手から叱られるのは、子どもにとって理不尽なことだからです。

親バカと思われても、その場で褒める

(C)あべゆみこ
(C)あべゆみこ

「その場で伝える」のは叱るときだけでなく、褒めるときにも応用できます。

 例えば、わが子が他の小さい子どもに、自分が使っていたおもちゃを貸してあげたとき。親として、心の中では「うちの子も随分と成長したなあ」とほほ笑ましく思っていたとしても、他のママがいる手前「親バカと思われたくない」という気持ちになり、「お利口だね。偉いね」を口に出すことにブレーキがかかってしまう人もいるでしょう。よその子が同じことをしたら「まあ、◯◯くん、優しいのね」と満面の笑みで伝えられるのに、わが子にはなかなかできないものですね。

 家に帰ってから「今日、小さい子におもちゃを貸してあげて偉かったね」と褒めたとします。もちろん、何も言わないよりはましですが、その場で褒められた方が子どもはうれしいです。周りから親バカと思われてもいいので、褒めるときもその場で褒めてあげましょう。

 また、叱るのとは異なり、その場にいなかった人からも褒めてあげるのは、子どもにとってもうれしいこと。夫に報告して、「今日、おもちゃを貸してあげたんだってね。お父さんもうれしいよ」と言ってもらうのはよいことだと思います。

 時間が経過してしまい、もう気持ちが他に行っている状態で「あのとき…」と言っても子どもにはあまり響きません。叱るときも褒めるときも“現行犯主義”で、その場、その瞬間に行うのがポイントです。

(子育て本著者・講演家 立石美津子)

【5つの行動】「おうむ返し」や「聴覚過敏」… 「発達障害児」が取ることのある行動、イラストで解説!

画像ギャラリー

立石美津子(たていし・みつこ)

子育て本著者・講演家

20年間学習塾を経営。現在は著者・講演家として活動。自閉症スペクトラム支援士。著書は「1人でできる子が育つ『テキトー母さん』のすすめ」(日本実業出版社)、「はずれ先生にあたったとき読む本」(青春出版社)、「子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方」(すばる舎)、「動画でおぼえちゃうドリル 笑えるひらがな」(小学館)など多数。日本医学ジャーナリスト協会賞(2019年度)で大賞を受賞したノンフィクション作品「発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年」(中央公論新社、小児外科医・松永正訓著)のモデルにもなっている。オフィシャルブログ(http://www.tateishi-mitsuko.com/blog/)。

コメント