オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

東京感染者、初の3万人超え 新型コロナ

東京都の新型コロナウイルスの1日当たり新規感染者が7月21日、初めて3万人を超えました。

若い世代へのワクチン接種を呼び掛ける首都圏4都県の知事(2022年4月、時事)
若い世代へのワクチン接種を呼び掛ける首都圏4都県の知事(2022年4月、時事)

 東京都は7月21日、新型コロナウイルスの新規感染者が3万1878人確認されたと発表しました。2月2日に記録した2万1562人を大きく上回り、過去最多。都内の新規感染者が3万人を超えるのは初めてです。

感染力強い「BA.5系統」

 厚生労働省によると、全国の集計でも7月20日に1日当たりで最多となる15万人超を記録。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が「第7波に入っている」との認識を示すなど、感染の急拡大が懸念されていますが、今のところ、従来通りの感染対策の継続を呼び掛けるにとどまり、行動制限の話は具体化していません。

 今回の感染拡大は、オミクロン株の中でも感染が広がりやすいとされる「BA.5系統」への置き換わりが進んだほか、人と人とが接触する機会が戻っていることなどが要因とみられます。ワクチン接種について、初回(1回目と2回目)接種から時間が経過し、追加(3回目)接種を受けた人も徐々に効果が低下していることに加え、若い世代を中心に3回目の接種が進んでいないことも要因の一つと考えられます。

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント