オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

小室圭さん、論文の評価ポイントは? いまだ根深い批判についても解説する

米ロースクール留学中の小室圭さん。法律専門誌に掲載された論文の評価ポイントをニューヨーク州弁護士に聞きました。

小室圭さん(2018年8月、時事)
小室圭さん(2018年8月、時事)

 小室圭さんが留学している米ニューヨークのフォーダム大学はイエズス会系の名門私立大学として知られています。小室さんは現在、JDコースの最終年度(3年生)。JDコースは弁護士・検察官・裁判官を目指す人が通うプロフェッショナル・スクールです。そんな小室さんが在学中に執筆した論文が法律専門誌に掲載され、その内容から、現在どのような勉強をしているのか、そして、今後の方向性が見えてきました。

 今回は、ニューヨーク州弁護士のリッキー徳永さんに、グローバルの視点からの論文解説と評価できるポイントについて伺います。徳永さんは日本の大学を卒業後、単身渡米し、ルイジアナ州ニューオリンズのTulane University Law School(LLM)に留学。ニューヨークに拠点を移して法律事務所で7年間勤務し、米国現地企業や日系企業に対する法的助言や契約書などの作成を担当しました。現在、シンガポールを拠点にしながらグローバルに活動しています。

論文サマリーと評価ポイント

 今話題になっている論文は米国の法律専門誌「NY Business Law Journal」の2019年夏号Vol.23に掲載されたものです。ニューヨーク州弁護士会が主催する論文コンペで、準優勝として高い評価を受けました。

「論文は序章から始まり、パート1『詐欺と現実』、パート2『資金額の上限』、パート3『ファンディング・ポータルの限界』、終章、最後に脚注という構成です。記事にはしっかりと『By Kei Komuro』と名前も入っていて、フォーダム大学ロースクールの学生という紹介もされています」(徳永さん)

「9ページにも及ぶその論文は『Challenges and Implications for Potential Reforms of Crowdfunding Law for Social Enterprises(社会的企業のためのクラウドファンディング法改正の可能性への課題と示唆)』。アメリカにおけるクラウドファンディングに関わる仕組みや法体制についての研究です」

 また、論文については専門性があり、評価できると徳永さんは解説します。

「ロースクール生が書く論文といえば、卒業論文や学内で発行される論文誌です。しかし、小室さんの論文が掲載されたメディアは、ニューヨーク州弁護士会のビジネス法部門が刊行する専門誌です。読者は全米の法律家たちですので、学内の論文誌とはまったく次元が違います。学生がこの専門誌に論文を掲載してもらえることはまれだと言えるでしょう。すでにプロの仲間入りを果たしていて、他の学生とかなり差をつけています」

「論文の内容はレベルが高く、小室さんの主張や説を裏付けるために法令や文献を完璧に引用できています。脚注だけで2ページも使っているところを見ると、かなり参考文献を読み込んだことが伺えます。例えば、米国最高裁判所の判例、米国証券取引の規則などを正しく引用して論文の根拠としています」

 米国には法律家が必ず使う引用マニュアルが存在します。法律の分野には引用の厳しいルールがありますが、小室さんはこれらの規定にのっとり、法令や文献を調べて使いこなすことができることを証明できたと言えるでしょう。

「今後、小室さんの論文が引用されることにもなるでしょう。専門家にとって名誉なことです。内容もさることながら、権威ある専門誌に論文が掲載されたため、情報元として信頼ある地位と影響力を築いたと言えます。クラウドファンディングという話題性のある分野を研究したことも評価できます。先見の目を持つことは法律家として重要です。なぜなら、法律は常に変わるもので、自身のポジションをどこに置くかで稼ぐ額も変わってきます」

小室さんを取り巻く環境に変化

 小室さんと眞子さまの結婚について、天皇陛下が裁可(許可)された(2017年9月3日)と宮内庁は発表しています。その後、眞子さまが「生きていくために必要な選択」とお気持ちを発表され、秋篠宮殿下が結婚を「認める」と発言されています。

 筆者はこれまで、小室さんに関する報道に違和感を覚えていました。小室さんの出自や借金問題が明るみに出ると一斉に批判に転じたことは記憶に新しいところです。父や祖父の自殺、信仰や霊媒師の問題、金銭トラブルについてもしつこく追い回しました。ニューヨーク州弁護士資格を取ったところで、活躍することは困難だとする報道もありました。

 メディアは攻撃しやすい小室さんだけを標的にしました。連日のバッシングに対する眞子さまや秋篠宮家の苦悩が想像できます。宮内庁はなぜ、事前に調べなかったのでしょうか。小室さんに厳しい批判を浴びせても、宮内庁の不備について識者も一切触れないのはなぜでしょうか。記者団もそのことを質問せず、雑誌はたたきやすいところをたたきます。

 人の悪口や人の不幸は蜜の味と称することがあります。浄土真宗の宗祖・親鸞は「悪性さらにやめがたし、こころは蛇蝎(だかつ)のごとくなり」と説いています。これは、私たちは生まれながらにして、ヘビやサソリのような毒を心の中に宿しているという意味です。

 悪口や陰口をたたかない人は存在しません。しかし、上司や取引先の前では言えないはずです。自分にとって多くのマイナス影響があるからです。小室さんの場合は「陰口」なのでマイナス影響はありません。相手に知られることもありませんので、ストレス解消にもってこいです。悪口の「言う」「言われる」は表裏の関係にありますが、それを口にすべきではないのです。人として恥ずべきことだと親鸞も述べているのです。

 婚姻は両性の合意のみに基づいて成立するものです。さらに、この結婚は天皇陛下が裁可されている以上、破棄することはできません。そのことを踏まえれば、民間人の小室さんの基本的人権は最大限保障されるべきものだったと筆者は考えます。

 お二人の結婚を格差婚だと指摘する人がいます。であれば、ニューヨーク州弁護士の資格を取得し、稼ぐようになれば問題ないはずです。努力をして、眞子さまにふさわしい相手になればいいのです。私たちには温かく静かに見守ることが求められています。

(コラムニスト、著述家 尾藤克之)

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、著述家 尾藤克之

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント