オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

世界中が注目! 今年の「ジャクソンホール」では何が飛び出すか

近年のシンポジウムを振り返る

 6月下旬~7月上旬に盛り上がった、世界的な金融政策の正常化の観測は、実際に利上げに踏み切ったBOCを除くと、その後はやや下火になっているようです。果たして、今年のジャクソンホールのシンポジウムでは、中銀関係者からどのような見解が示されるのか、興味深く見守りたいと思います。

 以下は、近年のシンポジウム(いずれも8月下旬開催)のトピックスです(「」内はテーマ)。

◆2016年「将来に向けて弾力性のある金融政策のフレームワークをデザインする」

 イエレン議長が「労働市場の持続的な堅調さと、我々の経済・物価見通しに照らせば、利上げすべき論拠がここ数カ月で強まっている」と表明。その後、同年12月にFRBが利上げを実施した(リーマン・ショック後2度目の利上げ)。

◆2015年「インフレのダイナミクスと金融政策」

 イエレン議長は欠席。フィッシャー副議長が講演し「インフレ率が高まると信じる正当な理由がある」と表明。その後、同年12月にリーマン・ショック後初の利上げを実施した。

◆2014年「労働市場のダイナミクスの再評価」

 イエレン議長が「経済が失望させられるようなものになるならば、将来的な金利の軌道は現在我々が想定しているよりも、さらに緩和的になる公算が大きい」と表明。市場における利上げ観測が後退した。一方、ECBのドラギ総裁が「ユーロ圏のインフレ期待が大幅に低下した」「政策姿勢を一段と調整する(=金融緩和を強化する)用意がある」などと発言。ECBはシンポジウム直前の6月5日にマイナス金利を導入していたが、2015年1月22日にQE(量的緩和)を決定した。

◆2013年「非伝統的金融政策のグローバルな意義」

 金融緩和縮小を示唆した5月の発言が金融市場を混乱させたこともあってか、バーナンキFRB議長は欠席。代わりにイエレン副議長がパネル討論に参加したが、明確なヒントはなかった。

◆2012年「政策環境の変化」

 バーナンキ議長が労働情勢に懸念を示しつつ、「必要に応じて追加緩和を行う」と述べ、QE3(量的緩和第3弾)実施を示唆。その後、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で正式に決定した。

(株式会社マネースクウェア・ジャパン チーフエコノミスト 西田明弘)

1 2

西田明弘(にしだ・あきひろ)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部チーフエコノミスト

1984年日興リサーチセンター入社。米ブルッキングス研究所客員研究員などを経て、三菱UFJモルガン・スタンレー証券入社。チーフエコノミスト、シニア債券ストラテジストとして高い評価を得る。2012年9月マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。現在、M2Jのウェブサイトで「市場調査部レポート」「市場調査部エクスプレス」「今月の特集」など多数のレポートを配信するほか、テレビ・雑誌などさまざまなメディアに出演し活躍中。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。

コメント