オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • ロンドンの「タワマン火災」は日本でも起こりうるのか

ロンドンの「タワマン火災」は日本でも起こりうるのか

6月14日に英国の首都ロンドンで発生したタワーマンション火災。一棟“丸ごと”燃える衝撃の映像がまぶたに焼き付いていますが、東京を中心にタワマンが増えているわが国も他人事ではないかもしれません。

人気のタワーマンション。火災への備えは?

 6月14日未明。英ロンドン西部で発生したタワーマンションの火災は、80名近い犠牲者を出す大惨事となりました。一棟丸ごと燃える映像は衝撃的でしたが、全国にタワマンが乱立するわが国も他人事とは言えないでしょう。

耐火対策を怠ったがゆえの「人災」か

 今回の火災で被害が拡大した要因としては、以下のことが挙げられています。

・スプリンクラーの整備不足、もしくは未設置

・建物中央に位置するエレベーターホールや階段など、他フロアに通じる部分に防火扉などの対策が取られていなかった(防火区画の整備不足)

・未明であったことと、警報システムが発動しなかったことによる避難の遅れ

・修繕工事に使用された外装材が燃えやすい材料であった可能性

 ほかにも「消火器の使用期限が切れていた」などの住民証言があり、管理会社が耐火対策を怠ったがゆえの「人災」の可能性が指摘されています。

1 2 3

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。