オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「コロナ離婚」も? 非日常の今こそ夫婦の“愛”が試されるときだ

新型コロナウイルスの感染拡大による影響が健康のみならず、夫婦の精神面にも影響を及ぼし始めているようです。中には「離婚」を考える夫婦も――。

新型コロナ感染拡大は夫婦関係にも影響?
新型コロナ感染拡大は夫婦関係にも影響?

 なかなか先の見えない、新型コロナウイルスの感染拡大と終息。休校やサラリーマンの在宅勤務、不要不急の外出の自粛など日々の生活への影響がどんどん広がっています。

 そんなコロナウイルスの脅威は健康面のみならず、夫婦のメンタル面にも大きな影響を及ぼしているようです。プチげんかや大げんか、無視、そして離婚を考え始めた夫婦まで、いろいろな話を聞いています。

家族と1週間顔を突き合わせるストレス

【「コロナのストレスで体調を崩しています」 美香子さん(仮名、40歳)】

 学校が長期の休校にもかかわらず、外に遊びにも行けないため、小学1年生と4年生、中学1年生の息子3人は欲求不満でイライラ。ゲームをしながらしょっちゅう小競り合いをし、突き飛ばされてけがをしたり誰かが泣かされたり、まさに動物園のような騒がしさです。

 さらに3月半ばから、夫は会社の指示で毎日在宅勤務。ダイニングテーブルを占領してパソコンや書類を広げているので、美香子さんと子どもたちは昼食も取れません。仕方がないので、リビングの床にレジャーシートを敷き、そこに座ってランチとおやつタイムを過ごします。

 上の子たちはインターネット学習に取り組んでいますが、パソコンの操作が分からないとまず、「父さーん」と呼び、そして夫が「これからウェブ会議で忙しいから、母さんに聞け」となって結局、美香子さんが教えることになるのがパターン化しています。

 夫の方も慣れない在宅勤務でイライラして、子どもたちが騒ぐたびに「うるさい! こっちは仕事中なんだぞ」とキレモード。そして家族がずっと家にいるため、美香子さんは毎日3食用意しなければならず、一日中キッチンに立っています。3度の水仕事で手はガサガサ。ハンドクリームを塗りながら「誰かご飯作ってよ…」とぼやいています。

 家族全員がマンションの中で1週間、ずっと顔を突き合わせているうちに、美香子さんもストレスで目まいがするようになってきました。手だけでなく、顔や首の肌荒れも出て、これもストレスを助長させています。

「ツルツルの肌に戻りたい。これって“コロナストレス”ですよね。更年期障害というにはちょっと早いし。たまには1人の場所と時間が欲しいです。1人で缶コーヒーを飲もうと思って公園に出掛けようとするんですが、必ず下の子がついてくるし。子どもをどちらが見るかで夫と言い合いになることが増えています」とため息をついています。

「会話レス」から「夫婦の共同作業」へ

【「自粛のおかげで、夫婦の会話レスに気付きました。もちろんスキンシップも全くなし」 奈央さん(仮名、29歳)】

 共働きで同い年の奈央さん夫妻は、2人とも旅行が大好き。月に1回は温泉旅行、年に3回は海外旅行に出掛けています。しかし、今回のコロナウイルスの影響で、申し込んでいた海外ツアーは全てキャンセル。一気に出掛ける予定がなくなってしまいました。それだけで意気消沈なのに、その後の自粛生活でまたも気持ちが落ちています。

「2人ともテレワークです。2人の家ごもりで気付いたのが、旅行の話以外の話題が夫婦の間にないことなんです」と奈央さんは言います。

「今までは『次はどこに行こうか』『旅の準備で何を持っていこうか』『新しい情報誌を一緒に買いに行こう』なんて、いつも旅行関連の話をしていたのですが、旅の話題がなくなると、一緒にご飯を食べていても会話が途切れてしまうんです。

長期の旅行だけでなく、土日のお出掛けも自粛しているので一日中、家の中でそれぞれが黙ってスマホかタブレットをいじっているだけ。コロナについては話しますが、その話題は余計に暗くなります。

私たち夫婦って、本当に会話がないんだなって改めて分かりました。夜の営みも、旅行のときには旅先のホテルであったけど、家では全くなくなっています。まあ、人と接触してはいけないってニュースでも言っているから、それはいいのかな」

 会話が少ないことに気付いたのは夫婦にとって前進です。この反省をきっかけに、最近は料理動画を見ながら2人で一緒に料理を作るなど、「夫婦の共同作業」の時間を意識してつくり、静まり返った時間が流れないように工夫をしているそうです。

 家にいるからこそ、過去の旅のアルバムなどを見て思い出話をするのもアリなのですが、それをやると「行きたい衝動」が盛り上がるから悲しくなるのだそう。人それぞれです。

 そして、コロナ騒動で気持ちが落ち込み、セックスレスになる夫婦は確かにいるかもしれません。セックスレス改善の専門家としては“その逆”に期待しています。

1 2

三松真由美(みまつ・まゆみ)

恋人・夫婦仲相談所 所長(すずね所長)・執筆家

夫婦仲・恋仲に悩む女性会員1万3000名を集め、「結婚・再婚」を真剣に考えるコミュニティーを展開。セックスレス・ED・女性の性機能に詳しく、性を通して男女関係をよくするメソッドを考案。20代若者サークルも運営し、未婚世代への結婚アドバイスも好評を呼ぶ。恋愛・夫婦仲コメンテーターとしても活躍中。著書は「夫婦の『幸せ循環』を呼ぶ秘訣」(講談社)「モンスターワイフ」(同)「40歳からの女性ホルモンを操る53の習慣」(扶桑社)「堂々再婚」(wave出版)など多数。コミック「『君とはもうできない』と言われまして」(KADOKAWA)の監修も手掛ける。恋人・夫婦仲相談所(http://fufunaka.com/)、公式LINEアカウント(https://lin.ee/oTQa13s)、YouTubeチャンネル「保健室の未遊先生」監修(https://www.youtube.com/channel/UC5g3tx7uJqSTszEHTwWYCIA?sub_confirmation=1)。

コメント