オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

わが子は知的障害のある自閉症児、通常学級ではなく「特別支援学校」を選んだ理由

秋には就学時健康診断があります。障害のある子どもを育てている親御さんにとって、入学先をどうすべきか、迷う時期かもしれません。

小学校の学級・学校の種類と違い
小学校の学級・学校の種類と違い

 障害のある子どもを育てていると、小学校の入学先として「通常学級」「特別支援学級」「特別支援学校」のどれを選ぶべきか、迷う親御さんも多いのではないでしょうか。

通常学級にこだわる親もいるが…

 まず、小学校における学級の種類と違いです(表参照)。私の息子は知的障害のある自閉症児ですが、迷わず特別支援学校を選びました。その理由は3つあります。1つ目は、着替えや食事などの身辺自立がまだできていなかったので、専門知識のある教員が多い支援学校がベストだと考えたことです。

 2つ目は、重い知的障害があるのに保護者の希望で通常学級に入れ、特別支援教育を受けさせなかった結果、身に付いたであろうことも習得できていない子どもを見てきた経験があるためです。もちろん、通常学級でも(通常学級に在籍しながら個別の特別支援教育を受ける)「通級」を利用すれば個別の支援計画は立てられますが、教員数も少なく、どうしても手薄になるのです。

 そして、3つ目は、通常学級に通って(教員定数に上乗せして配置される)「加配」の先生がついてくれたとしても、特別支援教育の専門資格を持った人ではない場合があるためです。「加配」の先生は、仮に子どもが教室から出ていってしまったとき、子どもの安全のために「見守るだけ」になるケースがあると聞いたことがあったのです。

 秋には、就学時健康診断(就学時健診)があります。自治体側は実施する義務がありますが、保護者側は受診が呼びかけられるだけで、実は強制ではありません。

 ある時、知的に重い障害のある子どもの親御さんが「何が何でも通常学級に入学させたい。でも就学時健診に行ってしまうと、ふるいにかけられて支援級や支援学校に回されてしまう」と言い、受診させずにいました。進級先は親の意向が優先されるので、その子は「お母さんが一緒に付いている」という条件で通常学級に通うことになりました。

 また、障害の重い別の子どもは、小学校・中学校で通常学級に通っていました。私は不思議に思い、親御さんに「なぜ、通常学級に行かせているんですか?」と尋ねました。すると「特別支援だなんて、わが子が隔離されるようで嫌だから。健常の子からたくさんの刺激を受けたいから」と返ってきました。

 特別支援教育を「隔離」と考える人、特別な支援を受けられてありがたいと感じる人…どちらが正しいとはいえませんが、「親御さんにもいろいろな考え方があるんだな」と感じました。

特別支援学校の手厚い個別支援計画

特別支援学校の担任が作成した個別指導計画(立石美津子さん提供)
特別支援学校の担任が作成した個別指導計画(立石美津子さん提供)

 特別支援学校に入学後、私の息子の個別支援計画には「靴ひもを結ぶ」「時計を理解する」が盛り込まれました。担任は息子専用の教材を作り、毎日個別の時間で練習をさせてくれました。小学2年のとき、東京都の指導主事による巡回指導がありました。息子の様子を見た都から、「そろそろ支援級に転校させてもいいのではないか」との指示があり、3年生になるタイミングから、近所の公立小学校の支援級に転校することになりました。

「一度、支援学校や支援級に入れてしまったら、二度と通常学級には行けない」といううわさがありますが、そうではありません。「とりあえず通常学級に入学させて、いよいよついていけなくなったら、支援級に移る」選択をする親御さんもいますが、そうなると、子ども自身が「僕がうまくできないから支援級に行かされた」という気持ちに陥ったり、「自分だけできない」「いじめられた」などの経験をし、自尊感情が大きく低下した状態で支援級に移ることになったりする可能性もあります。

 子どもの心を考えると、望ましくない順番のように思えてなりません。

1 2

立石美津子(たていし・みつこ)

子育て本著者・講演家

20年間学習塾を経営。現在は著者・講演家として活動。著書は「1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ」「はずれ先生にあたったとき読む本」「子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方」など多数。ノンフィクション「発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年」(小児外科医・松永正訓著)のモデルにもなっている。オフィシャルブログ(http://www.tateishi-mitsuko.com/blog/)。

コメント