オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

予期せぬ妊娠をした36歳女性、父親になろうとしない相手に“責任”を取らせた方法(上)

恋人同士で盛り上がるイベントが目白押しの12月下旬ですが、予期せぬ形で子どもを身ごもってしまう女性もいます。筆者の元へ相談に来た、36歳女性のケースです。

父親になる準備もない彼の子を身ごもった女性は…(写真はイメージ)
父親になる準備もない彼の子を身ごもった女性は…(写真はイメージ)

 クリスマスイブの豪華ディナー、ウインタースポーツでホテルにお泊まり、オシャレスポットの白銀イルミネーション、そして、カウントダウンの音楽イベント…。12月下旬は、ラブラブな恋人が盛り上がるイベントが目白押しですが、キンキンに冷え切った心を人肌でアツアツに温めよう! そんなふうに男と女が体を重ねれば、ちょっと愛があふれすぎて、一定の確率で(子どもが)できてしまうのですが、年末にまいた種から芽が出て、花が咲くのは年始。そして「産む、産まない!」の修羅場を迎えるのは2月。

 あまたの恋人が生まれるバレンタインの季節なのに、該当者は切羽詰まって相談しに来るのですが、本来ならば、姿を現したモグラをたたくのではなく、モグラが姿を見せないように手を打ちたいところです。

 予期せぬ形で彼の子を身ごもったのは、今回の相談者・宮原麻衣さん(36歳、仮名)。彼は子の父親になる心の準備も、麻衣さんと結婚するお金の準備も、そして2人で子どもを育てる環境の準備も整っていなかったので「本当に俺の子なのか」と逃げ回るばかり。入籍や同棲(どうせい)、両親へのあいさつをすべて拒否したのですが、まだ知り合って2カ月なのだから無理もありません。

 揚げ句の果てには、「できない体だってうそをついて、金をせびるなんて美人局(つつもたせ)と同じだ!」と言い、出産を諦めて中絶してほしいと言い出したのです。

 麻衣さんが「もし、子どもができたらどうするの」と尋ねると、彼は「そのときは結婚して一緒に暮らそう。幸せな家庭を築きたいな」と甘い言葉をささやいてきたそうです。世の中には100%安全な避妊方法は存在しないのだから、女性が体を許すとき、前もって確認するのは当然といえば当然。

 しかし、麻衣さんはそもそも彼に「コンドームをつけてほしい」と頼まなかったそう。なぜなら、婦人科の先生から「子どもができにくい体」と言われていたからです。歴代の彼氏とは避妊の有無にかかわらず、妊娠に至ったことはなかったので「今回も大丈夫」と軽んじていたのでしょう。

「これが相性なのでしょうか? うれしさ半分、驚き半分という感じでした」

 麻衣さんは当時の心境を振り返りますが、彼と知り合って2カ月、体の関係を持って1カ月、性交渉は今回で3回目のことなので完全に予想外でした。

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント

1件のコメント

  1. 男からしたら、たちの悪い人間!ってなるのは当たり前!それも、妊娠しにくい体?
    ふざけてんのはこの人!我の体くらい自分で守れ!