• HOME
  • IT
  • 「ユーチューバーになりたい」子どもの夢に潜む危険 成功の裏でトラブル多発も

「ユーチューバーになりたい」子どもの夢に潜む危険 成功の裏でトラブル多発も

「YouTube」に動画を投稿して収入を得る「ユーチューバー」。先日は「将来の夢」にユーチューバーを挙げる子どもが増えている、とのニュースが注目を集めましたが、自分の子どもがユーチューバーになりたいと言い出したら、どうしますか。


自分の子どもが「ユーチューバーになりたい」と言い出したら…

 動画共有サイト「YouTube」にユニークな動画を投稿して、広告収入を稼ぐ「ユーチューバー」が脚光を浴びています。

 大阪府内の小学校が「4年生男子の将来の夢」を調査した結果、サッカー選手や医者に続いてユーチューバーがランクインした、とのニュースも話題になりました。もし自分の子どもが突然、ユーチューバーになりたいと夢を語り出したら、親としてはどんなことに注意すべきでしょうか。

 オトナンサー編集部では、近著に「子どもとスマホ おとなの知らない子どもの現実」(花伝社)がある、ジャーナリストの石川結貴さんに話を聞きました。

 子どもの夢は壊したくないけれども、トラブルに巻き込まれるのは心配という親御さん必読です。

1億円稼ぐ“スター”はひと握り

 石川さんは、「お子さんと一緒にユーチューバーに関する情報を集めてみましょう」と提案します。1億円を稼ぐ“スター”もいますが、それはひと握り。「そもそも『売れる動画』を作るために、彼らは信じられない努力と工夫をしています」。

 しかし、子どもがそうした現実を知っていることは「まれ」。結果として陥りがちなのが「過激な動画だったら見てくれるだろう」という発想だそうです。発火した花火を友人の服の中に入れるなど、「いたずらをはるかに超えたとんでもない投稿をして逮捕・補導される子どももいます」。

 石川さんによると、子どもが自分の部屋で動画を撮影する際に、最も気を付けなければならないのが「個人情報の漏えい」。部屋の窓の外に見える看板や、部屋の隅にある学校の制服などから個人が特定され、ネット上に拡散する可能性があるといいます。

1 2
石川結貴先生

石川結貴(いしかわ・ゆうき)

作家・ジャーナリスト

家族・教育問題、児童虐待、青少年のインターネット利用などをテーマに豊富な取材実績を持つ。短編小説集「小さな花が咲いた日」は7年連続で中学・高校入試問題に採用されている。最新刊「ルポ 居所不明児童~消えた子どもたち」では、児童虐待や貧困問題を抱えたまま放置される子どもの現状を報告した。出版以外にも新聞、雑誌への寄稿、「あさイチ」「報道ステーション」など数多くのテレビ番組に出演。2013年には「第61回日本PTA全国研究大会」の講演者に選出された。2015年、全国各地方紙(時事通信社配信)で教育特集記事「子どもとスマホ」を連載。