オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

個人型DC初心者が注意すべきポイント3選

原則60歳までやめられない

 最後に個人型DCには「原則60歳までやめられない」特徴があります。

 「個人型DCは完全に老後生活だけを目的にしており、途中で子どもの学資や住宅の頭金、ローンの繰り上げ返済などには使えません。短期や中期での資金需要を満たすものではありませんから、あくまで長期的視点に立って予算や投資方針を決めましょう」(加藤さん)。

 また、掛け金の増減はその年度(4月~翌年3月)で1回に限定されているため、注意が必要です。

投資方針を優先して金融機関を選ぶ

 個人型DCは、自分で銀行や証券、生命保険会社に申し込む必要がありますが、この際の注意点として「口座管理手数料」「商品数」「信託報酬」の3つが挙げられます。

 ここでは以下のような例を用いて説明します。

【A銀行】管理手数料167円、商品数10本、信託報酬高い

【B銀行】管理手数料642円、商品数30本、信託報酬安い

 あなたならば、A銀行を選びますか、B銀行を選びますか。なかなか一筋縄ではいかない選択ですが、金融機関を選ぶ際のポイントはどのようなものでしょうか。

 加藤さんは「管理手数料も検討材料の1つではありますが、あくまで『自分はどの分野に投資するか』に重点を置くべきです。管理手数料が安くても、自分に合った商品がなければ本末転倒です。投資方針を決め、その方針に合った商品を持つ金融機関を並べ、その上で手数料を比較する、それが正攻法だと思います」とアドバイスしています。

(オトナンサー編集部)

1 2

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

あおばコンサルティング代表取締役、1級FP技能士、宅建士

大手外資系生命保険会社にて11年間、個人・法人のコンサルティング業務に従事。2015年に株式会社あおばコンサルティングを設立。日本初の、チャットでのお金のサービス「みかづきナビ」を開始。現在ではzoomも活用し、FP相談や保険相談で顧客の課題解決に取り組んでいる。みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp/)。

コメント