• HOME
  • 医療
  • 人工透析患者中傷で謝罪、長谷川豊アナが訴えた“医療のコスパ”は無視できない現実なのか

人工透析患者中傷で謝罪、長谷川豊アナが訴えた“医療のコスパ”は無視できない現実なのか

人工透析患者を中傷した記事をブログにアップした、フリーアナウンサーの長谷川豊氏が担当番組を降板し謝罪。しかし、同氏が過激な言葉で表現しようとした現実は、私たちの誰もが目を背けられないものかもしれません。


番組を降板した長谷川豊氏はブログで謝罪したという

 自身のブログに人工透析患者を中傷するような記事を掲載した、フリーアナウンサーの長谷川豊氏が、キャスターを務めていた報道番組を降板する、というニュースが駆け巡りました。

 長谷川氏は「バカみたいに暴飲暴食を繰り返す」「で、糖尿病になる」などと人工透析患者を批判、テレビ局側はこの記事がキャスターとして不適切なものであったと判断し、長谷川氏を降板させたという経緯だったようです。

 あまりに激しい言葉で人工透析患者をののしった長谷川氏。その真意が「医療にコストパフォーマンスを」というものであったとしても、ある程度の制裁はやむを得なかったのかもしれません。

 一方で、日本においても医療に“費用対効果”の観点を導入しようという議論が進んでいることは、あまり知られていないかもしれません。

 長谷川氏の一件が他人事とは思えなくなる、その議論の内容について解説します。

長谷川氏の記事の中身はどんなものだった?

 まずはおさらいからです。長谷川氏の問題の記事はどんな中身だったのでしょうか。

 長谷川氏は9月19日付のブログで、日本の透析患者の特徴について、「バカみたいに暴飲暴食を繰り返す」「腹は出る、腰は痛める。周囲に注意されているのに、無視」「それでも食べ続け、運動もしない」「周囲は必死に注意。でも無視」「で、糖尿病になる」「にも関わらず、運動もしない、食事も先生から言われたことをろくに守らず好き放題」と過激な表現を使って説明。

 その上で「これらのシステムは医療従事者にとっては『金の成る木』です。(中略)こんなお金を散々落としていってくれる患者はいません。ちなみに、透析患者には一人年間500万円かかります」などと記しました。

 自分が「必死に払ってる保険料」が「そうやって食いつぶされ続けている」ことを問題にしたわけです。

1 2 3
加藤圭祐先生(保険)

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。