オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マネー
  • 【9月13日のマーケット】日経平均反発1万6729円

【9月13日のマーケット】日経平均反発1万6729円

9月13日の東京株式市場で日経平均株価は反発、前日比56円12銭高の1万6729円04銭で取引を終えました。

日経平均は米株高を受けて小幅高で推移した

 9月13日の東京株式市場で日経平均株価は反発、前日比56円12銭高の1万6729円04銭で取引を終えました。

 マネースクウェア・ジャパンの津田隆光チーフアナリストによると、この日の日経平均は米株高を受けて小幅高で推移。米株高の背景には連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事がシカゴで講演し「利上げを急ぐ必要はない」との認識を示したことで、ドル/円が1ドル=101円台中盤まで下落したことがあるといいます。

 東証1部33業種中、医薬品、ゴム製品など20業種が上昇、一方、保険、海運など13業種は下落しました。個別銘柄では、ユニチカ、イオンが買われ、T&Dホールディングス(HD)、第一生命保険は売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前日比0.11ポイント安の1322.99。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=101円80銭台で推移しています。

(オトナンサー編集部)

津田隆光(つだ・たかみつ)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部チーフアナリスト

日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。主に国際商品市況のマーケット業務に従事し、2008年1月にマネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。シニアテクニカルアナリストとして、独自のアレンジを取り入れた各種テクニカル分析レポートを執筆するほか、セミナー講師やラジオ番組コメンテーターなどを務める。2016年4月にM2J市場調査部チーフアナリスト就任。