オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

夫の実家に帰省…難しい「義母」とのコミュニケーション、どう乗り切る? 基本は「郷に従え」

ありがた迷惑な厚意、どう対処する?

 義母からの「ありがた迷惑な厚意」が、帰省時の悩みのタネだという人も少なくありません。気持ちはうれしいし、険悪にはなりたくないと思うと、対応が難しいものです。以下に代表的なケースとその対処法を紹介します。

【趣味ではない品物を贈られる】

普段、主に母親のセンスで子どもの服を選んでいるという家族は多いと思いますが、義母から自分の趣味とかけ離れたセンスの服をプレゼントされ、正直困った経験のある人もいるのではないでしょうか。

こうした時、すぐに手荷物の中にしまうと「着せる気がない」と思われてしまうかもしれません。受け取ったらお礼を伝え、可能であればその場で子どもに着せましょう。もしくは、帰省中にその服を着せて出かけるのもよいですね。いずれにせよ、「自分が贈った服を着ている孫の姿」を一度見せておくのがよいと思います。

【子どもにお菓子やおもちゃを与えてくる】

子どもの健康を考え、お菓子や添加物の入った食品を控えるよう心掛けている母親は少なくないでしょう。しかし、帰省すると、孫に喜んでもらおうと義母がたくさんお菓子を与えてくる場合があります。

こうした時、子どもに「食べたらダメ」「少しだけにしておきなさい」などと言いたくなるものですが、義母がせっかく出してくれたものに対して、ストップをかけるのはNGです。また、たとえ普段は食べさせない方針であったとしても、そのことを義母に伝えると角が立つ可能性があるため、控えた方がよいでしょう。

普段はダメと言われているお菓子について、子どもが「どうしておばあちゃんの家なら食べてもいいの?」と疑問に感じる様子を見せるかもしれません。そんな時は「おいしそうね。今日は特別の日ね」と声をかけ、食べてもよいことを自然に促してあげてください。

おもちゃについても、家庭内では、買うのは誕生日とクリスマスだけと決めているのに、帰省のたびに義母が買ってくれる場合もあります。こうした時も素直に甘え、ありがたく頂くようにしましょう。

 結婚を機に家族となっても「本音と建前」を使い分けるのは難しく、嫁と姑の関係性には悩みが尽きないものです。夫の実家で過ごす数日間は「郷に入っては郷に従え」を意識し、相手の家のやり方やルールに従いながら、丁寧なコミュニケーションで気持ちのよい関係を築いていきましょう。

(文/構成・ライフスタイルチーム)

1 2

立石美津子(たていし・みつこ)

子育て本著者・講演家

20年間学習塾を経営。現在は著者・講演家として活動。著書は「1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ」「はずれ先生にあたったとき読む本」「子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方」など多数。ノンフィクション「発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年」(小児外科医・松永正訓著)のモデルにもなっている。オフィシャルブログ(http://www.tateishi-mitsuko.com/blog/)。

コメント