オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マネー
  • 【8月4日のマーケット】日経平均反発1万6254円、米株高や原油高が背景に

【8月4日のマーケット】日経平均反発1万6254円、米株高や原油高が背景に

8月4日の東京株式市場で日経平均株価は反発、前日比171円78銭高の1万6254円89銭で取引を終えました。

米株高や在庫減少による原油高が背景に

 8月4日の東京株式市場で日経平均株価は反発、前日比171円78銭高の1万6254円89銭で取引を終えました。

 マネースクウェア・ジャパンの津田隆光チーフアナリストによると、米国株上昇を受けて日経平均は堅調に推移。外国為替市場で、ドル/円が1ドル=101円台をキープ、また、きのう3日発表の米エネルギー情報局(EIA)週間在庫統計で明らかになった、在庫減少による原油高がその背景にあるといいます。

 東証1部33業種中、証券、海運など24業種が上昇、一方、食料品、石油・石炭製品など9業種は下落しました。個別銘柄では、クラレ、NTNが買われ、昭和シェル石油、ニチレイは売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前日比11.01ポイント高の1282.99。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=101円50銭台で推移しています。

「9月総括的検証」が一人歩き? 専門家「解釈が変動要因にも」

 津田さんは、日経平均の先行きに関して、日銀の「9月の総括的検証」という言葉が一人歩きしている感があるといい、「ヘリコプターマネーも含めて、その言葉の解釈が今後の市場の変動要因になりそう」と指摘します。

 きょう4日は、英イングランド銀行(BOE、中銀)の金融政策委員会が開催予定。事前予想は0.25%の利下げで、津田さんは「欧州連合(EU)離脱決定後、カーニーBOE総裁が、『英経済を守るために躊躇(ちゅうちょ)はしない』と強い姿勢を見せていたこと、また、ポンド安を受けて英FTSE100が堅調に推移していることから、ポンド安誘導は“国策”と言えそうです」と話しています。

(オトナンサー編集部)

津田隆光(つだ・たかみつ)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部チーフアナリスト

日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。主に国際商品市況のマーケット業務に従事し、2008年1月にマネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。シニアテクニカルアナリストとして、独自のアレンジを取り入れた各種テクニカル分析レポートを執筆するほか、セミナー講師やラジオ番組コメンテーターなどを務める。2016年4月にM2J市場調査部チーフアナリスト就任。