オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

年間1800人超が犯罪被害に…子どもと大人が知っておくべき「自撮り」のリスク

自撮り画像の投稿や交換をきっかけに、犯罪に巻き込まれる子どもが増えています。スマホを使う子どもと、周囲の大人が知っておくべき「自撮りのリスク」について、識者が解説します。

子どもの自撮りに潜むリスクとは?
子どもの自撮りに潜むリスクとは?

「自撮り」の投稿や交換をきっかけに、犯罪に巻き込まれる子どもが増えています。そもそも、なぜ自撮り画像を他人に送ってしまうのでしょうか。子どもの自撮りに潜むリスクについて、青少年のインターネット利用などに詳しい、作家・ジャーナリストの石川結貴さんが解説します。

最年少の被害者は8歳の女児

 格安スマホの普及に伴い、子どものスマホ利用が急増しています。インターネットセキュリティー企業のデジタルアーツによると、10~18歳のスマホ所有率は90.3%。小学校高学年(10~12歳)でも、7割以上がスマホを使っています(「未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査」2018年3月)。

 子どもはゲームや動画視聴アプリの利用度が高いですが、撮影した写真を加工できたり、簡単に動画編集できたりするアプリも人気です。こうした画像のために、軽い気持ちで自撮りをする子どもが少なくありません。SNSへの投稿や友達とのアルバム共有だけでなく、自撮り写真を誰かと交換して、結果的に犯罪被害に遭う子どももいます。

 2017年に、SNSを通じて犯罪被害に遭った18歳未満の子どもは1813人(警察庁調べ)。多くが自撮りを通じて被害に遭うケースとみられています。被害の内訳としては、児童ポルノや淫行、強制性交など性的な被害が多いことも特徴です。

 最年少の被害者は8歳の女の子で、動画共有サイトで知り合った相手に自撮り写真を送っていました。

なぜ知らない人に自撮りを送ってしまうのか?

 子どもたちも、最初は見知らぬ人に自撮りを送るつもりはないのですが、巧妙に誘導されてしまうのです。

 例えば、SNSでペットの話題で盛り上がり、親しくなった人がいるとしましょう。相手が、かわいい猫の写真を公開していたり、毎日優しいコメントを投稿していたりするような人だと、つい安心感が湧きます。

 個人的にメッセージ交換を始めてだんだん親しくなると、相手から「自己紹介したい」と言われ、自撮り写真が送られてくるのです。

 その自撮りは、アイドルみたいにさわやか系の写真だったり、優しい雰囲気のイケメン青年だったりして、送られた側はうれしくなります。特に、子どもの場合、社会経験や知識が未熟のため、簡単に舞い上がってしまうのです。

 そういう気持ちを見透かしたように「今度はキミが自己紹介して」などと言われます。子ども側が自分のプロフィールや顔写真を送ると、「カワイイね」「もっと仲良くしたい」、そんなふうに優しい言葉を送ってきます。

 そうしたやり取りを続けるうちに、相手から上半身裸の写真が送られてきて、「キミの体も見たい」などと言われるのです。たとえ断っても、「僕の裸を見たんだから、キミも同じようにしてくれればもっと好きになれる」「これは二人だけの秘密の儀式」などと押してきます。結局、断り切れずに性的な自撮りを送ってしまうのです。

 ところが、実際の相手はイケメン青年ではなく、子どもを狙った大人の男性の「なりすまし」。相手の正体を知った時にはもう遅いのです。「お前が送ってきた自撮りをバラまく」「あと一回だけ裸の写真を送ってくれば許してやる」「俺に会いにくれば写真を消去してやる」などと迫られ、結果的により深刻な被害に遭ってしまいます。

 例えば、46歳の男が19歳のイケメンモデルになりすまし、ID交換掲示板で知り合った約1600人の女子中学生とLINEの「友だち」になったケースがあります。男は「裸の写真を送って」「すぐに削除するから安心して」と持ちかけ、約130人の女の子が裸の自撮りを送信させられていたのです。

 一人の犯罪者によって、100人単位の子どもが性的な被害に遭うことを考えると、自撮りを取り巻く問題がいかに深刻か分かると思います。こうした自撮りは、コピーされて不特定多数の人に閲覧されたり、児童ポルノ画像として使用されたりする可能性もあります。

 なお、性的な被害だけでなく、監禁などの事件も起きています。2016年に、SNSを通じて略取誘拐の被害に遭った児童は全国で20人に上っています。

1 2

石川結貴(いしかわ・ゆうき)

作家・ジャーナリスト

家族・教育問題、児童虐待、青少年のインターネット利用などをテーマに豊富な取材実績を持つ。短編小説集「小さな花が咲いた日」は7年連続で中学・高校入試問題に採用されている。最新刊「ルポ 居所不明児童~消えた子どもたち」では、児童虐待や貧困問題を抱えたまま放置される子どもの現状を報告した。出版以外にも新聞、雑誌への寄稿、「あさイチ」「報道ステーション」など数多くのテレビ番組に出演。2013年には「第61回日本PTA全国研究大会」の講演者に選出された。2015年、全国各地方紙(時事通信社配信)で教育特集記事「子どもとスマホ」を連載。

コメント