オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 年上男性との不倫にハマる、5人の20代女性のホンネ(上)

年上男性との不倫にハマる、5人の20代女性のホンネ(上)

不倫の「負の部分」がクローズアップされているにもかかわらず、不倫にハマる若い女性たち。そうした女性の生の声を紹介し、不倫する理由に迫ります。

不倫にハマる若い女性が後を絶たない
不倫にハマる若い女性が後を絶たない

 最近、週1ペースで報じられている芸能人のゲス不倫によって、不倫の「負の部分」が世の中に知れ渡ったはずなのに、私のところへ不倫の相談に来る20代女性がいまだに後を絶ちません。まだ若いのだから、わざわざ年上のオジサンではなく同年代の彼と付き合えばいいのに…私は思わず首をかしげてしまいます。

 彼女たちは「恋愛は危険な方が楽しい」「尊敬する人に愛されるなんて夢みたい」「(不倫を)やめようとするといつも彼の優しさで思いとどまる」「かわいそうな彼を救ってあげたい」「こんな関係を続けても誰も幸せにならないけど彼が好き」などと平気な顔で言うのです。ここで、5人の不倫女性の声を紹介しましょう(すべて仮名)。

制約の多い恋愛を楽しんでいる

 1人目は「恋愛は危険な方が楽しい」と言い切る、橋本麻由美さん(28歳、大手電気メーカー勤務)。不倫相手は40代で既婚の上司です。

「同じ会社、同じ部署にいる、妻子持ちの彼と付き合っています。はじめのうちは奥さんにバレないように、いろいろ気を使っていました。例えば、うちの会社はガラケーを支給されているので、デートの約束は勤務時間内にガラケーを使ってしていました。もちろん、奥さんはガラケーの存在を知りません。でも、付き合い始めて3カ月が過ぎる頃には、関係がマンネリ化してきて、彼の気持ちが私から離れていったのです。

先週、彼がデートの約束に大幅に遅刻してきたので、私は彼を試すために、ガラケーではなくプライベートのスマホにメールを送ってみたのです。『25分も待っちゃった。先にビール飲んでもいい?』と。すると『今日どこで会うんだっけ』と返事が返ってきました。彼は待ち合わせの場所を知っているはずなのに。私は直観で分かりました。奥さんが彼のスマホを使ってメールをよこしてきたのだと。

このことを彼に話すと、彼は一瞬で真っ青になりました。彼は思い知ったでしょう。私を大事にしないとどうなるのか。彼との恋愛はいろいろと制約が多いですが、今ではそれも含めて楽しんでいます」

 2人目は「尊敬する人(妻帯者)に愛されるなんて夢みたい」と幸せそうな顔で語る、井崎杏さん(26歳、総合病院勤務の看護師)。不倫相手は、同じ病院、同じ科の男性医師(52歳)です。

「私は病院の先生とお付き合いしています。先生は尊敬できる医師の一人でした。でも、はじめは既婚の人と付き合うつもりなんて全くなかったし、こんなに長い間、関係が続くとは思っていませんでした。私も先生も24時間、緊迫した中で仕事をする日々で、共通の話題といっても、だいたいは仕事の話です。一日を振り返って、『あれでよかったのか』『こうすればよかったのではないか』と。

お互いに愚痴をこぼしているうちに恋愛感情が生まれました。緊迫した空気から抜け出した時にホッとできる時間が欲しかったのです。少なくとも私はそうでした。先生もきっと同じです。

先生にとって私は『彼女』なのか、それとも『愛人』なのか。先生の気持ちはよく分かりません。ただ、私は少なくとも先生の『彼女』だと思っています。だって、仕事の愚痴を嫌な顔をせず聞いてくれるし、体力的・精神的につらい時は、いつも優しい言葉をかけてくれるので『心の支え』だったのです。

もちろん、先生に奥さんがいる以上、この関係を断ち切りたいと何度も考えました。でも私だって一人の女性です。できることなら、先生と結婚して家庭を持ち、幸せになりたいです。だって、今までの貴重な時間を先生のために使ってきたのだから」

1 2 3

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。