オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「おたふくかぜ」大流行の兆し! 甘く見てはいけない合併症などのリスク

ワクチンは「任意」、それでも接種を

 おたふくかぜは一度かかると免疫ができるため、再発することは基本的にないとされています。「VPD」(Vaccine Preventable Diseases:ワクチン接種によって防ぐことができる病気※)の1つでもあり、幼児期にワクチン接種をすることで予防できます。

 それでも、ワクチン接種をしない人が少なからずいるのはなぜでしょうか。

 友利さんによると、ワクチン接種には国の助成金によって無料で受けられる「定期接種」と、自己負担する「任意接種」の2種類があり、おたふくかぜのワクチン接種は後者だそう。そのため、どうしても優先度が下がりがちですが、「任意接種だからといって、決して必要ないものではありません」。

 ワクチン接種は「1歳を過ぎたら1回目、3~5歳になったら2回目」を目安にスケジュールを立てるのがよいそうです。

 一方で、友利さんは、英国の権威ある医学誌『The Lancet』が1998年、水銀ワクチンと自閉症の関係を指摘する論文を掲載したことで、ワクチンに対する恐怖心が一気に高まった事情を指摘します。その後、「明らかな因果関係は認められない」と撤回されたにもかかわらず、「ワクチンは怖いもの」という印象だけが独り歩きしたそうです。

 友利さんは「ワクチンによる副作用はゼロではありませんが可能性は高くありません。接種せずに将来、発症するリスクを考えると、予防を優先するメリットの方が大きいのは明らかです」とした上で、こうアドバイスしています。

 「小児期に受けるよう推奨されているワクチンは必ず受けさせる。そして、その記録をきちんと子どもに伝える。それが親の役目ではないでしょうか」

(オトナンサー編集部)

※風疹、麻疹(はしか)、水ぼうそう、日本脳炎、百日咳、破傷風、A/B型肝炎、ロタウイルス、ヒブ感染症、肺炎球菌感染症、ジフテリア、ポリオ、結核、インフルエンザ、ヒトパピローマウイルス感染症

1 2

友利新(ともり・あらた)

医師(内科・皮膚科医)

沖縄県宮古島出身。東京女子医科大学卒業。同大学病院の内科勤務を経て皮膚科へ転科。現在、都内2カ所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きるための啓蒙活動を雑誌・TV などで展開中。2004年「第36回準ミス日本」という経歴を持つ美貌の新進医師。美と健康に関する著書も多数。近著に「美肌暦 28日サイクルできれいになる」(光文社知恵の森文庫)、「Dr.友利の美人科へようこそ マタニティ外来編 妊娠・出産Q&A64」(講談社)がある。日本内科学会会員、日本糖尿病学会会員、日本皮膚科学会会員、抗加齢学会会員。オフィシャルブログ「友利新のビューティー診療室」(http://ameblo.jp/arata1107/)。

コメント