• HOME
  • 医療
  • 「大流行の兆し」のおたふくかぜ、甘く見てはいませんか? 合併症などのリスクに注意を

「大流行の兆し」のおたふくかぜ、甘く見てはいませんか? 合併症などのリスクに注意を

「おたふくかぜ」が2011年夏以来4年半ぶりに大流行の兆しを見せています。通常は、かかっても軽症で済んだり、数週間で自然に治ったりすることも多いため対策を怠りがちですが、実は合併症や重症化の危険性をはらんでいます。


おたふくかぜが4年半ぶりに「大流行の兆し」

大人は重症化の可能性、不妊の原因にも

 国立感染症研究所は先日、「おたふくかぜ」(流行性耳下腺炎)患者が急増しており、2011年夏以来4年半ぶりに大流行の兆しがあると発表しました。季節性の感染症であるおたふくかぜは通常、かかっても軽症で済んだり、数週間で自然に治ったりすることも多いため対策を怠りがちですが、専門家は合併症や重症化の危険性を指摘しています。

 おたふくかぜは、ムンプスウイルスに感染して起こる病気で、感染すると2~3週間の潜伏期を経て耳の下(耳下腺)や頬、あごの下が腫れて痛みが出ます。発熱や頭痛、腹痛を伴うこともありますが、一般に重症化するケースはまれとされます。

 こうした理由から、重く見られがちとは言えないおたふくかぜですが、1児の母でもある内科医の友利新さんは「『大したことはない』と思われがちですが、実際は怖い病気と言えます」と警鐘を鳴らし、その理由として「合併症」の脅威を指摘します。

 「おたふくかぜは通常、1~2週間で回復しますが、熱や嘔吐(おうと)、頭痛が続く時には無菌性髄膜炎の可能性があります。脳炎、難聴を引き起こすこともある油断できない感染症で、今年のように4~5年の周期で流行するものです」

 また、子どもの病気と思われがちなおたふくかぜですが、成人がかかるケースもあり、むしろ子どもより重症化しやすいとも言われます。症状は子どもと同じですが、40度近くの高熱を伴うことがあり、そこからさまざまな影響が出る可能性もあるそう。

 まれに卵巣炎や精巣炎を招いて不妊の原因にもなるため、友利さんは「予防にはワクチン接種が有効です」と話します。

1 2
友利新先生

友利新(ともり・あらた)

医師(内科・皮膚科医)

沖縄県宮古島出身。東京女子医科大学卒業。同大学病院の内科勤務を経て皮膚科へ転科。現在、都内2カ所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きるための啓蒙活動を雑誌・TV などで展開中。2004年「第36回準ミス日本」という経歴を持つ美貌の新進医師。美と健康に関する著書も多数。近著に「美肌暦 28日サイクルできれいになる」(光文社知恵の森文庫)、「Dr.友利の美人科へようこそ マタニティ外来編 妊娠・出産Q&A64」(講談社)がある。日本内科学会会員、日本糖尿病学会会員、日本皮膚科学会会員、抗加齢学会会員。オフィシャルブログ「友利新のビューティー診療室」(http://ameblo.jp/arata1107/)。