オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

女性を“レンタル”できるサービス「Woman Rental」が話題に…その魅力や利用者の実態は?

仕事や恋愛に関する「お悩み相談」が多い

Q.サービス利用者の数、年齢層、目的などについて教えてください。

イケダさん「サービス開始からちょうど1年たちますが、これまでに300件ほどご利用いただいております。登録Woman数が少なく、認知度が低いこともあって、立ち上げ当初は全然オーダーが入りませんでした。在籍Womanによってオーダー件数、利用者の属性、目的は大きく異なります。その大きな理由は『価格設定がWomanごとに違う』から。ただ、価格が安いからといってオーダーが多いとは限らず、逆に高額でもオーダーの入るWomanはたくさんいます。目的として圧倒的に多いのが、お茶や食事をしながらの『お悩み相談』。仕事や恋愛、結婚、子育て、自立などのご相談が多いのですが、各Womanの経験やスキルなどの専門性を求める利用者も多いです。特段突出した特徴がないWomanでも似たような境遇で共感を得たい女性からのオーダーもたくさんあります。利用者の男女比は半々で、平均レンタル時間は1件約2.5時間です」

Q.登録女性の数、年齢層、目的などについて教えてください。

イケダさん「2017年11月現在、登録しているWomanは約20人ですが年内には25名を超える勢いです。思った以上にアグレッシブな女性が多いことに驚いています。世代は20代から50代まで、プロフィールに書けないようなレベルで波乱万丈な人生を送ってきた方から、経営者の方、OLさんや主婦の方までタイプもさまざまです。Womanにほぼ共通しているのが、人生でさまざまな苦難を乗り越えていて、女性や人としての強さを持っていること。自分の経験や知恵が誰かの役に立つならとの思いや、人との出会いによって自分の人生を変化、活性化させようといった思いを抱いており、仕事というよりは、自分を試すフィールドとして楽しみながら取り組んでいる方が多いです。一つ言えるのは、Woman Rentalは安定的に稼げる『仕事』ではないということ。バイト感覚の方は基本的に登録をお断りしています。Woman Rentalは『女』や『役務』を取り除いた『人』としての自分を売り出す場であり、『自分の市場価値を知りたい』『承認欲求を満たしたい』『自分を試したい』女性には最適な場であると在籍Womanを見て感じます」

1 2 3 4

コメント