オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 巷にはびこるニュートレンド! 「ブラックカードおじさん」「シュプリームおじさん」…って?

巷にはびこるニュートレンド! 「ブラックカードおじさん」「シュプリームおじさん」…って?

自己承認欲求の強い「Facebookおじさん」が話題ですが、筆者はほかに、「ブラックカードおじさん」「シュプリームおじさん」「アルマンドおじさん」という3つの“人種”の存在を指摘します。

「ブラックカードおじさん」が増殖中?
「ブラックカードおじさん」が増殖中?

 クレジットカードの最高峰と言われる「ブラックカード」をご存じでしょうか。ブラックカードとは、2000年ごろに話題となったプレミアム機能付きのカードのこと。最近、40代以降の、いわゆる「Fecebookオジサン世代」で流行の兆しがあるとの話を聞きました。筆者も同世代ですが、実態はどうなのでしょうか。

ブラックカードはどうやって取得する?

 2000年当時、ブラックカードと言われていたのは、アメックス「センチュリオン」、ダイナースクラブ「プレミアム」、JCB「THE CLASS」の3種類です。筆者は、ダイナースクラブ「プレミアム」、JCB「THE CLASS」、アメックス「プラチナ」を所持していました。取得するには、インビテーションかホルダーの紹介が必要です。

 メリットもありましたが、リーマン・ショック以降、不況の波がカード業界にも押し寄せます。アメックスは米国での使い勝手が悪く、利用できる店舗も少なかったこと(現在は不明)、すでに枚数制限をかけていたので「センチュリオン」取得が難しかったことや、各種アップグレードがなくなったので早い段階で整理しました。

 ダイナースクラブ「プレミアム」はアップグレードが魅力でした。しかし、米国シティグループは、サブプライムローン危機で過去最大の赤字を計上します。同時にアップグレードを含むサービスの変更、24時間対応の打ち切りがあったことから整理しました。今でも所持しているのは、JCB「THE CLASS」のみです。日本唯一の国際ブランドであることや、ベネフィトが充実していることがメリットです。

 SAISONゴールドカードはサブカードのメインで利用しています。もう少し枠が拡大すると、SAISONブラックカード(フェイス黒)が発行されます。しかし、これは外商用なので筆者には不要です。

 当時のブラックカードはサービスが充実していました。例えば、スタンダードシングルがジュニアスイートに、エコノミーがビジネスクラスに簡単にアップグレードしたからです。スマホもなく、ケータイはネット環境になる前です。困った時のデスクは便利でした。

 そして、筆者にとって、ブラックカード同様にありがたいのが「VIEWカード」です。新幹線利用の多い筆者にとっては大きなメリットです。しかし、ブラックカードでも所詮はカードにすぎません。所持することで財力や信用力を担保することはできません。

 投資家のウォーレン・バフェットや、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツがアメックスのノーマル(グリーン)を使っているのは有名な話です。いずれにせよ、クレジットカードは「ライフスタイルにマッチしたものを所持すべき」と言えるでしょう。

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書はビジネス書を中心に11冊。2018年1月「あなたの文章が劇的に変わる5つの方法」(三笠書房)は即重版、同10月「即効! 成果が上がる 文章の技術」(明日香出版社)は発売1週間で重版。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TL:@k_bito

コメント