オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • みそ汁やお新香は付くけど…「とんかつ」は和食? それとも洋食?

みそ汁やお新香は付くけど…「とんかつ」は和食? それとも洋食?

定食スタイルでご飯やみそ汁と一緒に食べることから、和食と思われがちな「とんかつ」ですが、実はそうではありません。その理由やいかに。

とんかつは和食でない…?

 サクッとした歯応えの、きつね色の衣の下にジューシーな豚肉…といえば「とんかつ」ですね。普通は定食のスタイルで、ご飯とみそ汁、お漬物と一緒に食べることが多いほか、お店の雰囲気も和風であることから「和食」と思われがちですが、実はそうではないようです。日本洋食協会の岩本忠会長に聞きました。

ルーツは煉瓦亭の「ポークカツレツ」

 そもそも、とんかつとは豚のヒレ肉やロース肉に小麦粉、卵、パン粉で衣をつけ、油で揚げた料理のことです。その起源は、明治時代に西洋から伝わった“とある料理”にあるとされます。

「フランスから『コートレット(cotelette)』という料理が紹介されました。元々は、スライスした仔牛肉に細かいパン粉をつけ、少量の油で炒め焼きする料理でしたが、これを原型として、牛肉でなく豚肉を使用したのが東京・銀座の老舗洋食店『煉瓦亭』。明治32年に『ポークカツレツ』という名で提供され始めたこの洋食がとんかつのルーツです」(岩本さん)

 本来のコートレットとは異なり、ポークカツレツは、油の種類や衣が店舗(料理人)によってさまざま。煉瓦亭のポークカツレツは、塩コショウでしっかりと調味されているのが特徴で、そのままはもちろん、好みでウスターソースをかけて食べるそうです。また、とんかつに添えられているキャベツの千切りも煉瓦亭発祥といいます。

とんかつの始まりは上野の「ぽん多本家」

 それでは、ポークカツレツが現在のような「とんかつ」になったのはいつ頃でしょうか。

「1905年に東京・上野で創業した『ぽん多本家』の創業者が、ポークカツレツを応用したメニューを考案。厚めに切った豚肉を低温の油でじっくりと揚げて火を通し、箸で食べやすいように切り分けて提供しました。これがとんかつの始まりとされています」

 そして、この料理が「とんかつ」として定着していくのは1930年代。ソースをかけたとんかつに白飯とみそ汁、お漬物を合わせた和風定食のスタイルで食べさせる専門店が東京の下町に次々とオープンし、ブームとともに普及していったとのこと。これが現在のとんかつにつながっているそうです。

「日本人の生活が西洋化していくにつれ、シチューやハンバーグ、オムライスなどの西洋式料理が日本で発達し人気を博しました。とんかつのルーツも西洋にあり、長い年月の中で日本人の好みに合わせて進化してきた洋食料理の一つと言えるでしょう」

(オトナンサー編集部)

岩本忠(いわもと・ただし)

一般社団法人日本洋食協会会長

飲食、不動産のトップセールスなどを経て、1部上場のコンサルティングファーム入社。宅配寿司「銀のさら」が全国展開する際に、スーパーバイザーとして活動する。「収益改善率トップ」「顧客満足度トップ5」を達成し退社。「銀座キャンドル」再生を手がける傍ら、料理教室講師、冷凍食品やコンビニ弁当などのプロデュースなどを行う。海外では店舗設計やオペレーション、レシピ、ロゴデザインの監修なども。現在、一般社団法人日本洋食協会会長として「日本の洋食」を世界に広げるべく活動している。一般社団法人日本洋食協会(https://yoshoku.themedia.jp/)。