オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 「パスタ」と「スパゲッティー」は同じもの? それとも…

「パスタ」と「スパゲッティー」は同じもの? それとも…

「パスタ大好き」という人も多いことかと思います。しかし、冷静に振り返ってみると、「パスタ」という場合と、「スパゲッティー」という場合の、2つのケースがあるように思います。この両者に何か違いはあるのでしょうか。

パスタとスパゲッティーの違いとは

 日本人に最も身近な洋食の一つ「パスタ」。しかし、イタリア料理店などでは「パスタ」と表記される場合と、「スパゲッティー」と表記される場合の2パターンがあるように思います。さて、この両者に違いはあるのでしょうか。

 オトナンサー編集部が、洋食全般に詳しい、日本洋食協会の岩本忠会長に取材しました。

パスタは「デュラム」を使った麺の総称

 岩本さんによると、そもそもパスタは、「デュラム」という小麦粉を水で練って作った麺類の“総称”。パスタは大きく、「ロングパスタ」「ショートパスタ」に分類されます。ロングパスタはいわゆる麺状のもので、太さや形状によって名称が異なります。

 以下はその一例です。

・カッペリーニ(太さ0.9ミリ)

・スパゲッティー(太さ1.9ミリ)

・リングイネ(断面が楕円形)

 そのほか、断面が四角い「キタッラ」、平たい「フェットチーネ」、マカロニを細くしたような筒状の「ブカティーニ」などがあります。

 一方、ショートパスタの例は以下の通りです。

・マカロニ(筒形のもの)

・ペンネ(筒形で両端が斜めにカットされたもの)

 ほかには、蝶のリボンのような「ファルファッレ」、貝殻のような形状で、表面に筋が入った「コンキッリェ」、ネジのような螺旋状の「フジッリ」なども。ショートパスタは「サラダなどにもよく使われます」(岩本さん)。

1 2 3

岩本忠(いわもと・ただし)

一般社団法人日本洋食協会会長

飲食、不動産のトップセールスなどを経て、1部上場のコンサルティングファーム入社。宅配寿司「銀のさら」が全国展開する際に、スーパーバイザーとして活動する。「収益改善率トップ」「顧客満足度トップ5」を達成し退社。「銀座キャンドル」再生を手がける傍ら、料理教室講師、冷凍食品やコンビニ弁当などのプロデュースなどを行う。海外では店舗設計やオペレーション、レシピ、ロゴデザインの監修なども。現在、一般社団法人日本洋食協会会長として「日本の洋食」を世界に広げるべく活動している。一般社団法人日本洋食協会(https://yoshoku.themedia.jp/)。