オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

勉強しなきゃダメ→勉強嫌い 子どもが思わぬ方向に育つ「裏の教育」とは

たたいてしつけると…

 次の事例は勉強に関してです。親はよく、「勉強しなきゃダメ」と叱りますが、これで子どもが勉強するようになることはあり得ません。それどころか、次の理由で勉強が嫌いになるだけです。

「○○しなきゃダメ」などの否定的な言い方をされると、誰でも不愉快になります。その否定的な言い方が不愉快なのです。例えば、「勉強しなきゃダメ」と言われると、子どもの脳の中でちょっとした勘違いが起こり、「勉強なんて不愉快。大嫌い」という認識をしてしまうのです。

 本来は勉強そのものを不愉快と感じたのではなく、親の言葉遣いを不愉快に感じたのですが、勉強に関して言われたため、「勉強は不愉快」と認識します。これが、脳科学でいうところの「脳の勘違い」というものです。

 同様に「片付けしなきゃダメでしょ」と否定的な言葉で叱られると「片付けなんて不愉快。大嫌い」となり、「妹と仲よくしなきゃダメでしょ」と叱られると「妹なんて大嫌い」と認識します。こうして、「勉強しなきゃダメ」という言い方で「勉強をさせたい」という表の教育を達成することはできず、「勉強を嫌いさせる」という裏の教育が実現されるのです。

 体罰についても同じことが起こります。以前、テレビ番組に出演したある親が次のようなことを言いました。

「しつけのためにあることを親子で約束し、それが守れなかったら、たたくということを親子で了解しました。『約束を守れないときはたたいてもいい』と子どもも納得したのです。その後、実際に約束を守れなかったときは子どもをたたきました。これの何が悪いのでしょうか?」

 親は自信満々でしたが、こういうやり方で、約束を守る子に成長させることはできません。それどころか、子どもはとんでもない理屈を身に付けてしまいます。それは「正しい理由があればたたいていい」ということです。しかし、正しい理由なんていくらでも見つけられるわけです。「相手のため」「仲間を守るため」など、いくらでも理由は見つけられます。

 よく、「たたかれて育った子はたたく子になる」と言われますが、教育や保育の現場では、こういう事例は実によく見られるのです。本当は「どんな理由があってもたたいてはいけない」と教えなければならないのです。「しつけ」と称して、たたいている親が子どもにそれを教えることはできません。

 このようなわけで、「勉強しなきゃダメ」という言い方で「勉強をさせたい」という表の教育を達成することはできず、「勉強を嫌いさせる」という裏の教育が実現されてしまうのです。同様に、たたくことで「しつけをしたい」という表の教育を達成することはできず、「正しい理由があればたたいていいと勘違いさせる」という裏の教育が実現されます。

 いろいろな具体例を紹介しました。ぜひ、裏の教育という言葉を頭に入れておいて、子どもを思う気持ちが空回りしないようにしてほしいと思います。

(教育評論家 親野智可等)

1 2

親野智可等(おやの・ちから)

教育評論家

長年の教師経験をもとにブログ「親力講座」、メールマガジン「親力で決まる子供の将来」、ツイッターなどで発信中。「『自分でグングン伸びる子』が育つ親の習慣」(PHP文庫)など、ベストセラー多数。全国各地の小・中・高校や幼稚園・保育園のPTA、市町村の教育講演会でも大人気。公式サイト「親力」で新書3冊分のコラムが閲覧可能。公式サイト「親力」(http://www.oyaryoku.jp/)、ツイッター(https://twitter.com/oyanochikara)、ブログ「親力講座」(http://oyaryoku.blog.jp/)。

コメント

1件のコメント

  1. 正論はわかります。ではどうしたら?