オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

このハゲ! キレるセンセーと立派な先生を分ける「ノブレスオブリージュ」

自然に尊敬を集める先生とは

 一方では、周囲を気遣い、自然に尊敬を集める先生もいます。そのような方々が意識しているのが「ノブレスオブリージュ」。これは「高い地位にある者は社会的責務を負う」という欧米の貴族社会の考え方であり、先生と言われる人の多くが自然に意識していることです。実際、医師や議員などでこの言葉を口にする方はたくさんいます。

 貴族社会というと鼻持ちならないかもしれませんが、先生と言われる人たちは何かしらの「特権」を持っており、現代の貴族と言えなくもありません。その高い地位ゆえに「いばるのではなく責務を果たす」ノブレスオブリージュの考え方は、チヤホヤされて勘違いしている先生方が自らを律するために必要なことです。

 豊田議員が今後も「先生」でいるつもりなら、周りに当たり散らすことなく責務を果たしてほしいと切に願います。

(株式会社あおばコンサルティング代表取締役 加藤圭祐)

1 2

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

あおばコンサルティング代表取締役、1級FP技能士、宅建士

大手外資系生命保険会社にて11年間、個人・法人のコンサルティング業務に従事。2015年に株式会社あおばコンサルティングを設立。日本初の、チャットでのお金のサービス「みかづきナビ」を開始。現在ではzoomも活用し、FP相談や保険相談で顧客の課題解決に取り組んでいる。みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp/)。

コメント