オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

犬や猫も人間のように「蚊」に刺される? かゆみを感じることは?

猫は激しい毛づくろいも…

Q.猫についてもお聞きします。猫も蚊に刺されることがあるのでしょうか。

増田さん「猫も蚊に刺されることがありますが、人間のように、皮膚が赤くなってかゆみを伴う状態になることはあまりありません。かゆみが発生するメカニズムは人間や犬と同じで、かゆみが全く発生しないわけではないのですが、人間ほどかゆみを強く感じにくいと考えられています。

猫においても、蚊の吸血に対して強いアレルギーが発生する場合があります。かゆみが強いと、蚊に刺された部分を引っかく行為が見られるほか、皮膚がただれるほど毛づくろいをすることがあります」

Q.蚊に刺されたことによって、病気になることはありますか。

増田さん「猫も犬と同様、フィラリア症にかかる可能性があります。犬の場合は、犬糸状虫症(フィラリア症)に対する認知度が高いため、予防率が高いのですが、猫のフィラリア症はあまり知られていないためか、予防をしている飼い主は少ないです。

猫のフィラリア症は、せきやぜんそくに似た症状がみられます。診断が犬よりも難しく、呼吸器系の他の病気との判別が難しいなど、猫独特の問題があります。基本的には、予防が最も重要です。猫用のノミ駆除剤の一部にフィラリアを予防できるものがあるので、それらを活用するのがおすすめです」

Q.蚊に刺されやすい猫のタイプや生活環境はありますか。

増田さん「こちらも犬と同様、猫の品種によって明確な差があるわけではないようです。また、被毛の長さが蚊に刺されやすくなる要因になることもないと考えられています。生活環境については、例えば完全室内飼育と比べ、頻繁に屋外に出る猫は蚊に刺されることが多いことは考えられます」

Q.蚊に刺されないための対策を教えてください。

増田さん「基本的な注意点は、犬と一緒と考えてよいでしょう。蚊取り線香に強い毒性があるわけではありませんが、使用して不調をきたすようなら使用を控えた方がよいです。体調に問題がない場合でも、猫が頻繁に行き来する場に蚊取り線香を置くことは、やけどや火のトラブルに発展する可能性がありますので、管理には十分注意が必要です。

虫よけスプレーは犬と同様、ペット用のものを使用しましょう」

(オトナンサー編集部)

1 2

増田国充(ますだ・くにみつ)

獣医師

北里大学卒業。愛知、静岡県内で勤務後、2007年にますだ動物クリニックを開院。一般診療のほか、専門診療科として鍼灸や漢方をはじめとした東洋医療を行っている。国際中獣医学院日本校事務局長兼中国本校認定講師、中国伝統獣医学国際培訓研究センター客員研究員、日本ペット中医学研究会学術委員、AHIOアニマルハーブボール国際協会顧問、専門学校ルネサンス・ペット・アカデミー非常勤講師。ますだ動物クリニック(http://www.masuda-ac.jp)。

コメント