オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 信念なき地方自治、首長は「ホラ吹いてもウソつくな」【前編】

信念なき地方自治、首長は「ホラ吹いてもウソつくな」【前編】

神奈川県開成町長を務めた、筆者の父・露木甚造氏は通称「ほら甚」。町民をけむに巻くことしばしばでしたが、「ホラ」を「ウソ」にしないための、確かな戦略がありました。現在の首長にはない要素だと筆者は高く評価します。

真の地方自治とは何か

「なにくそ、負けてたまるか」が信条

 人口が61年間、増え続けている、神奈川県最小の町・開成町の発展の土台を作ったのは、1963年から83年まで町長を務めた、私の父・露木甚造でした。父のモットーは「ホラは吹くがウソはつかない」で、周りの人たちからは「ほら甚」と呼ばれていました。

 開成町の農家の親父さんたちには、理解が及ばないような大風呂敷を広げ、いわばけむに巻いていたのでしょう。4回目の町長選が終了した後、父は地元紙のインタビューで、それまでに歩んできた町政と展望について語っています。ほら甚の異名通り、ホラを吹いて町政を担ってきたことがよくわかるインタビューです。

 開成町は1960年代前半まで、水田しかないといっても過言ではない、純然たる農村でした。新宿と小田原を結ぶ小田急線の線路は通っていましたが、駅はありません。そのような状況下でも、父は「開成町に新駅を誘致して、足柄平野で小田原に次ぐ都市にする」と大見得を切っていました。

 1955年に2つの村が合併して開成町ができた時、人口はわずか4600人。「豆粒」のような町のトップの口から発せられる言葉は、夢物語と受け取られていたに違いありません。軍人育ちの父は「なにくそ、負けてたまるか」が信条でしたので、内心は切歯扼腕(せっしやくわん)だったはずです。

1 2 3 4

露木順一(つゆき・じゅんいち)

日本大学総合科学研究所教授・元神奈川県開成町長

1955年神奈川県開成町生まれ。東京大学教育学部卒。1979年NHK入局。政治部記者を長く務める。1998年2月から2011年3月まで神奈川県開成町長。人口増加率と合計特殊出生率において、県下トップクラスの町に発展させる。これらの実績の結果、2007年4月から内閣府地方分権改革推進委員会委員を務める。