オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 人口減と少子高齢化を論じる前に、言わねばならないこと

人口減と少子高齢化を論じる前に、言わねばならないこと

近年、名門企業や政治家の不祥事が相次いでおり、その責任感の欠如が話題になっています。1998年2月~2011年3月に神奈川県開成町長を務めた筆者がリーダーシップと真の地方自治について語ります。

真の地方自治とは何か

 私は1998年2月、箱根山や丹沢山を仰ぎ見る神奈川県下の最小面積の町、開成町の町長に就きました。一気呵成(かせい)に成果を挙げて圧倒的な存在感を確立しようとおごっていました。無頼を気取り、町民と酒を飲み交わす日々が続きました。2年過ぎた辺りから体の調子が悪くなり、2000年の秋、45歳の誕生日を前に入院してしまいました。

誰よりも早く朝6時に出勤

 しかし、ピンチにはチャンスがあります。入院は、意識変革の機会でもありました。お手本にしたのは、明治維新の立役者・西郷隆盛の「西郷南州遺訓」です。一番初めに書かれていた次の言葉に凛とした気迫を感じ、背筋がシャンとしたのを覚えています。

「廟堂に立ちて大政を為すは天道を行ふものなれば、些とも私を挾みては済まぬもの也」(執務室に入って政治を行うということは、天下の道を行うことなので、いささかなりとも私心を起こしてはならない)

 町民から、街づくりに身をささげてほしいと託されているのに、飲んだくれて身体を壊してしまった自分が情けなくて、じくじたる思いでいっぱいでした。酒を断ちました。身を修めなくてはならない、私にとって小さな一歩でした。

 それから朝6時、誰よりも早く役場に行くように心がけました。役場の業務が始まるまでの2時間、資料を懸命に読み込みました。当時はパソコンが普及してきた時代。町長ブログを始めて、朝から情報発信を行いました。

1 2 3

露木順一(つゆき・じゅんいち)

日本大学総合科学研究所教授・元神奈川県開成町長

1955年神奈川県開成町生まれ。東京大学教育学部卒。1979年NHK入局。政治部記者を長く務める。1998年2月から2011年3月まで神奈川県開成町長。人口増加率と合計特殊出生率において、県下トップクラスの町に発展させる。これらの実績の結果、2007年4月から内閣府地方分権改革推進委員会委員を務める。