オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マネー
  • 極右政権は誕生するのか? フランス大統領選の注目ポイント

極右政権は誕生するのか? フランス大統領選の注目ポイント

間もなくフランス大統領選の投票日です。第1回投票(4月23日)で誰も過半数を得られなければ、上位2人による決選投票(5月7日)が実施されます。決選投票になるのは「ほぼ確実」とされていますが、最後にレースを制するのはどの候補でしょうか。

欧州の大国フランスを率いるのは誰か

 フランス大統領選の投票日が迫ってきました。4月23日の第1回投票で過半数の支持を得た候補が大統領に選出されます。どの候補も過半数を得られない場合、上位2人の候補による第2回投票(決選投票)が5月7日に実施されます。

 今回、世論調査では候補者全11人中の上位でも30%弱の支持率にとどまっており、決選投票に進むのはほぼ確実な状況です。なお、6月11日と18日には議会選が実施されます。

最大の注目は、極右ルペン氏への支持

 選挙戦序盤をリードしたのは、中道右派・共和党のフィヨン元首相でしたが、身内への公金給与不正給付疑惑によって失速しました。代わって、改革派の「前進!」を主宰するマクロン前経済相と、極右・国民戦線(FN)のルペン党首が接戦を演じています。さらに、極左・左翼党のメランション共同党首が支持を伸ばしてきました。

 その結果、大統領選はマクロン氏とルペン氏を軸に、フィヨン氏とメランション氏が絡む四つ巴の様相を呈しています。なお、人気が低迷するオランド大統領の後継者、社会党の元閣僚アモン氏は大きく出遅れています。

 最大の注目は、ルペン氏がどれだけ有権者から支持されるかでしょう。ルペン氏は、フランスの国家主権を最重要視しており、「FREXIT(フランスのユーロ圏離脱)」に関する国民投票を実施すると公約しています。また、ユーロ通貨を放棄して独自通貨(新フラン?)を採用することを主張しています。

 昨年の英国民投票や米大統領選で明らかになった、各国のポピュリズムや反グローバリズムの動きが一段と強まるのか、それとも、今年3月のオランダ総選挙における自由党のつまずきが示唆したように、そうした動きにいったんブレーキがかかるのか、大いに注目されるところです。

1 2 3

西田明弘(にしだ・あきひろ)

株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)市場調査部チーフエコノミスト

1984年日興リサーチセンター入社。米ブルッキングス研究所客員研究員などを経て、三菱UFJモルガン・スタンレー証券入社。チーフエコノミスト、シニア債券ストラテジストとして高い評価を得る。2012年9月マネースクウェア・ジャパン(M2J)入社。現在、M2Jのウェブサイトで「市場調査部レポート」「市場調査部エクスプレス」「今月の特集」など多数のレポートを配信するほか、テレビ・雑誌などさまざまなメディアに出演し活躍中。株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(http://www.m2j.co.jp)。