オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

爆音嫌だ、毎回びっくり…中年男性の「くしゃみ」はなぜ大きい?

冬が近づくこの時期になると、「くしゃみ」をする人が増えます。中年男性が大きな音のくしゃみをして驚くこともありますが、なぜ大きな音なのでしょうか。

中年男性のくしゃみ、どうして大きい?
中年男性のくしゃみ、どうして大きい?

 秋が深まるにつれて冷え込む日も増え、電車やバスで「くしゃみ」をする人をよく見かけるようになりました。特に、中年男性の中には、大きな音でくしゃみをする人がいて、周囲にいると驚かされることもあります。ネット上にも「おじさんのくしゃみ、爆音で嫌だ」「毎回びっくりする」といった声があります。なぜ、中年男性のくしゃみは大きいのでしょうか。内科医の市原由美江さんに聞きました。

周囲を気にしないことも一因?

Q.くしゃみは、あらゆる世代の人がする生理現象です。どのような仕組みで出るのですか。

市原さん「くしゃみは、ほこりや花粉が肺の中に入らないようにするための防御反応です。異物が鼻から侵入して粘膜に付着したとき、その刺激が横隔膜など呼吸に関係する筋肉に伝わり、くしゃみが出ます」

Q.中年男性のくしゃみは若い人よりうるさいのでしょうか。

市原さん「中年男性がするくしゃみは、若い人よりもうるさいことが多いのではないでしょうか。くしゃみは呼吸に関する筋肉が収縮することで起こります。成人男性であれば、体格や筋肉量から考えてもくしゃみは大きくなるはずです。

しかし、くしゃみは自分である程度加減ができるので、人によって大きさが変わるでしょう。若い男性よりも中年男性が周囲を気にせずくしゃみをすることも、うるさくなることと関係するのではないでしょうか」

Q.周囲を気にしないであろうことも理由の一つだと思いますが、筋肉の衰えや抑制する力の衰えなどは関係していないのでしょうか。

市原さん「筋肉が衰えているのならば、逆に音は小さくなりますが、呼吸筋まで顕著に衰えることは考えにくいです。一方、くしゃみが出ないように抑え込む力や気力は衰えるかもしれません」

Q.同じ中年でも、女性のくしゃみがうるさいとはあまり言われないように思います。くしゃみの音に男女差があるとすれば、それはなぜでしょうか。

市原さん「くしゃみの音の大きさに男女差はあります。くしゃみは、呼吸に関する筋肉が収縮することで起こります。成人の場合、女性よりも男性の方が筋肉量が多いため、くしゃみがうるさくなる傾向にあると考えられます」

Q.音が大きいことを気にして、くしゃみを我慢しようとする中年男性もいるそうです。くしゃみを我慢すると、体にどのような影響がありますか。

市原さん「鼻をつまんでくしゃみ自体を止める場合、鼻に付着した異物がとどまる程度なので、体への影響はあまり心配しなくてもいいでしょう。大きい音にならないように鼻や口をふさいでくしゃみをした場合は、血圧が上がりやすくなります。もともと血圧が高い人や脳動脈瘤(りゅう)がある人は避けた方がいいでしょう」

Q.大きな音のくしゃみをしない方法はあるのでしょうか。

市原さん「先述したように、鼻や口をふさいだり、息を出すときに意識的に口を閉じ気味にしたりすると音は小さくなりますが、血圧が高い人や脳動脈瘤がある人は避けた方がよいです」

Q.会社の上司が大きなくしゃみをする中年男性で、そのくしゃみが気になる場合、どのように対応したらよいでしょうか。

市原さん「大きな音に驚くこともありますが、他人が忠告することではないので何もできません。本人がマスクをしているか、手で覆ったか、そのままくしゃみをしたかにもよりますが、唾液が周囲に飛散するため、風邪やインフルエンザの罹患(りかん)が疑われる場合、周囲の側がマスクや手洗い、除菌で自衛すべきかもしれません」

(オトナンサー編集部)

市原由美江(いちはら・ゆみえ)

医師(内科・糖尿病専門医)

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック副院長。自身が11歳の時に1型糖尿病(年間10万人に約2人が発症)を発症したことをきっかけに糖尿病専門医に。病気のことを周囲に理解してもらえず苦しんだ子ども時代の経験から、1型糖尿病の正しい理解の普及・啓発のために患者会や企業での講演活動を行っている。また、医師と患者両方の立場から患者の気持ちに寄り添い、「病気を個性として前向きに付き合ってほしい」との思いで日々診療している。糖尿病専門医として、患者としての経験から、ダイエットや食事療法、糖質管理などの食に関する知識が豊富。1児の母として子育てをしながら仕事や家事をパワフルにこなしている。オフィシャルブログ(https://ameblo.jp/yumie6822/)。

コメント