オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

エリート球児だった46歳議員秘書と妻の離婚…選挙を通して見えた職業ゆえの特殊性

「議員」が普通の結婚生活、家庭生活を維持するのは困難なのでしょうか。選挙が引き金となって離婚した、国会議員秘書とその妻のケースをご紹介します。

「議員」の結婚生活は難しい?
「議員」の結婚生活は難しい?

 先日、注目を集めたのはイケメン2世議員(38歳)と人気ニュースキャスター(41歳)の電撃結婚。想像だにしなかった組み合わせのカップルというだけでなく、女性は既に妊娠5カ月。二重の意味で驚かされたのですが、世の中は完全に祝福ムード。入籍、出産、そして結婚生活。全てが全てうまくいくことに何の疑いも持たれていませんが、少し気味が悪いと思いませんか。賛否の「賛」しかないありさまに。

 他のカップルなら「できちゃった婚」だと揚げ足を取り、「順番が違うでしょ」「計画性がない」「できていなかったら結婚しないでしょ」というバッシングの雨嵐だったはず。また、税金でメシを食う議員はささいなことでも批判の対象になります。議員を褒めたたえることは非常に珍しいのに今回は特別なのでしょうか。

 ただでさえ、議員は立場の不安定さ、家族の負担の大きさ、プライバシーの低さなど、一般人とは異なる部分が多いです。例えば、年間2200万円の歳費(国会議員)は落選すればゼロだし、選挙の応援に親戚一同を駆り出すのは当然。あらゆる個人情報(自宅の住所や子どもの学校、妻の容姿など)は筒抜けだし、選挙区に住む議員は常に監視されるので、心が休まる暇がありません。

 議員が「ごく普通の家庭」を持ち、続けるのは一般の会社員に比べてはるかに難易度が高く、まともな人生を送るのはほとんど無理ゲーだと言わざるを得ません。それなのに、先日の結婚報道は随分浮足立っていると感じませんか。今回は、筆者のところの相談事例から、夫が選挙に立候補したせいで夫婦が離婚したケースを紹介しましょう。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名。年齢は現在)>
小野順平(46歳) 国会議員秘書(年収1000万円)
小野里穂(39歳) パートタイマー(年収80万円)
小野大也(17歳) 高校生

1 2 3 4 5

露木幸彦(つゆき・ゆきひこ)

露木行政書士事務所代表

1980年12月24日生まれ。いわゆる松坂世代。国学院大学法学部卒。行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。男の離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7000件、公式サイト「離婚サポートnet」の会員数は6300人を突破し、業界最大規模に成長させる。他で断られた「相談難民」を積極的に引き受けている。自己破産した相手から慰謝料を回収する、行方不明になった相手に手切れ金を支払わせるなど、数々の難題に取り組み、「不可能を可能」にしてきた。朝日新聞、日本経済新聞、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインで連載を担当。星海社の新人賞(特別賞)を受賞するなど執筆力も高く評価されている。また「情報格差の解消」に熱心で、積極的にメディアに登場。心理学、交渉術、法律に関する著書を数多く出版し「男のための最強離婚術」(7刷)「男の離婚」(4刷、いずれもメタモル出版)「婚活貧乏」(中央公論新社、1万2000部)「みんなの不倫」(宝島社、1万部)など根強い人気がある。仕事では全国を飛び回るなど多忙を極めるが、私生活では30年以上にわたり「田舎暮らし」(神奈川県大磯町)を自ら実践し「ロハス」「地産地消」「食育」の普及に努めている。公式ブログ(https://ameblo.jp/yukihiko55/)。

コメント