オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

キャリーケースは危険? 人間だけじゃないペットの「熱中症」、その原因と対策

保冷剤やミニ扇風機の活用を

Q.飼い主から見て、ペットの熱中症を疑うべき異変や症状、病院に連れて行った方がよいと判断するための目安はありますか。

増田さん「『触ったとき、明らかに熱を持っている』『呼吸がハアハア速くなる“パンティング”の状態がいつも以上に速く、舌の色が通常よりも強い赤色になっている』『明らかにぐったりしている』、それに合わせて『嘔吐や下痢がある』場合、速やかに適切な処置が必要なため動物病院に連れていきましょう。病院に連絡する際、現在の様子を説明しておくとよいでしょう。当初はそこそこ元気があっても、容体が刻々と変化することがあり、油断は禁物です。心配な場合は自己判断せず、動物病院に相談することが重要です」

Q.室内・屋外でペットの熱中症が疑われる場合、どのような対処をすべきでしょうか。

増田さん「重症であれば、すぐに動物病院に連れていかなくてはなりませんが、すぐに搬送するのが難しい場合、体温を下げることに気を配る必要があります。重要なのは、体の各部に酸素を供給する『動脈血』の温度を下げることです。これらの分布する首や頭部、脇、腰のあたりに、保冷剤や冷水で絞ったタオルなどを当てるようにしましょう。アルコールスプレーがあれば、体表に散布するのもよい方法です。そして、風通しのよい涼しい日陰に移動し、様子を確認しながら、飲み水が飲めるようであれば水分補給を行いましょう」

Q.夏場にどうしてもペット用キャリーケースを使用する場合、気を付けるべきことは。

増田さん「熱がこもりやすい環境なので、体感温度が上がりにくい状況を作り出すように工夫したいところです。保冷剤をタオルにくるんだものを入れておく他、ハンディータイプの扇風機が手に入りやすくなりましたので、これを活用する方法もよいでしょう。いずれにしても、長時間ケースに入ったままというのは熱中症にかかるリスクを増大させます。適度にケースから出し、休憩と水分補給をまめに行うようにしましょう」

Q.ペットの熱中症を防ぐために、夏場の日常生活やお出かけ時に飼い主が意識すべきことは何でしょうか。

増田さん「夏場は地表の温度が高く、その地表面に近いところで生活しているのが犬や猫です。こうした条件や、もともと暑さにそれほど強くないことなどから、動物は人間が思っている以上に暑さを感じます。『夏の昼間はお散歩を避けること』『屋外であれば日差しを遮る場所があること』『風通しがよいこと』『すぐに水分を取れること』を気にかけてあげましょう。

室内の場合は、閉め切った場所であれば冷房は必須になるでしょう。初夏や梅雨明けはいきなり猛暑となることがあり、うっかり冷房を入れ忘れて外出してしまうケースが多くみられます。普段から天気の動向に注目し、気温が上がりそうであれば、しっかりと暑さ対策を行うことが重要です」

(オトナンサー編集部)

1 2

増田国充(ますだ・くにみつ)

獣医師

北里大学卒業。愛知、静岡県内で勤務後、2007年にますだ動物クリニックを開院。一般診療のほか、専門診療科として鍼灸や漢方をはじめとした東洋医療を行っている。国際中獣医学院日本校事務局長兼中国本校認定講師、中国伝統獣医学国際培訓研究センター客員研究員、日本ペット中医学研究会学術委員、AHIOアニマルハーブボール国際協会顧問、専門学校ルネサンス・ペット・アカデミー非常勤講師。ますだ動物クリニック(http://www.masuda-ac.jp)。

コメント