オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

常時17度で社員が通院…温度を低くする「エアコン奉行」上司、どうにかならない?

暑がりで、エアコンの設定温度を低く管理したがる「エアコン奉行」の上司や先輩、どう対応したらよいのでしょうか。

職場の「エアコン奉行」にどう対処すべき?
職場の「エアコン奉行」にどう対処すべき?

 6月に入ると蒸し暑さが増し、職場でもエアコンの冷房機能を使う日が増えます。一般的に「クールビズ」で推奨されている室温は28度ですが、暑がりで、エアコンの設定温度を勝手に低くするなど職場の室温を管理したがる「エアコン奉行」が、皆さんの職場にもいるのではないでしょうか。冷房を効かせ過ぎて体調を崩す人もいますが、相手が上司や先輩だと伝えにくく、困っている人もいるようです。どのように対応すればよいのか、社会保険労務士の木村政美さんに聞きました。

官庁などでは「28度」に設定

Q.暑がりの人や寒がりの人が、夏季に同じ職場で快適に仕事ができる室温として、多くの企業では何度ぐらいに設定されていることが多いですか。

木村さん「官庁などの公共機関では、環境省が推奨している室内温度が28度で、クールビズが促進されていることから、室温は28度に設定されていることがほとんどです。一方、民間企業では、労働安全衛生法の『事務所衛生基準規則』で『室内温度は17度~28度、湿度は40%から70%内』と定めており、この範囲内で室温設定すればよいことになっています。そのため、職場の環境や状況で臨機応変に室温を調整していると思います」

Q.上司や先輩には「勝手に冷房の設定温度を下げないでください」と言いづらく、さりげなく元の設定温度に戻しても、気付けばまた下げられているものです。どのように対応したらよいですか。

木村さん「職場の事情にもよりますが、暑がりのエアコン奉行や社員がいると、寒いからといって自己判断でエアコンの温度設定を上げるのは難しいでしょう。そこで対策としては、彼らに暑さを感じさせない工夫が必要となります。具体的には、『室内の空気を循環させる』『エアコンの吹き出し口を調整する』『空調をドライ(除湿)にする』です。

こうした工夫をしたり提案したりする他に、自分の席がまともに冷気の当たる場所にある場合は、冷気が直接当たらない場所への移動を願い出るのも方法です。くれぐれも、エアコン奉行本人に注意しないでください。注意しても事態が改善されないことが多いからです。会社の上層部に現状の改善を訴えるのも一つの方法です」

Q.エアコン奉行である上司や先輩と平社員との、壮絶な“バトル事例”を教えてください。

木村さん「ある営業所の事例です。上司である所長が異常な暑がりなのに加え、『営業から戻ってくる部下たちも涼ませるため』という理由で、夏場の事務所内の温度を常時17度に設定していました。ある内勤社員は異常なほどの寒さを感じ、洋服を着こむなどの自衛的な防寒対策を行った上で、たまに所長が留守のときに温度を上げたり、エアコンの吹き出し口に紙を貼ったりしていました。

しかし、異常な暑がりの所長が戻ってくると、すぐに元通りにされてしまいます。所長に『寒いのでどうにかしてください』と掛け合いましたが、外勤社員の暑さ対策を引き合いに出され、逆に我慢するように強制されました。

やがて、その内勤社員は冷えが原因で体調を崩し、病院通いを余儀なくされてしまいました。この段階で、内勤社員は本社の総務部に現状を訴え、その結果、所長は責務である職場環境の改善を怠ったとして厳重注意を受けました」

1 2

木村政美(きむら・まさみ)

行政書士、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー

1963年生まれ。専門学校卒業後、旅行会社、セミナー運営会社、生命保険会社営業職などを経て、2004年に「きむらオフィス」開業。近年は特にコンサルティング、講師、執筆活動に力を入れており、講師実績は延べ700件以上(2019年現在)。演題は労務管理全般、「士業のための講師術」など。きむらオフィス(http://kimura-office.p-kit.com/)。

コメント